グレイステクノロジー(6541)IPOのBB(ブックビルディング)が、12月5日から(12月9日まで)開始されます。

グレイステクノロジーIPOは、人気化必至のセグエグループIPOイノベーションIPOとの同時上場なので、資金分散の影響が大きそうです。

グレイステクノロジー

グレイステクノロジー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名グレイステクノロジー
コード6541
主幹事証券東海東京証券
幹事証券SBI証券
エース証券
岡三証券
むさし証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月1日(3,000円~3,100円に決定)
ブックビルディング期間12月5日から12月9日まで
公開価格決定日12月12日(3,100円に決定)
申込期間12月14日から12月19日まで
公募153,600株
売出し90,000株
OA36,500株
吸収金額8.4億円
想定価格3,010円


SBI証券の公式サイト

グレイステクノロジーIPOの事業内容

グレイステクノロジーは、国内・国外メーカーを中心に、各種産業機械やソフトウェアに付随する操作及び運用系の技術マニュアルや社内業務マニュアルなど、あらゆるマニュアルの企画・構成・編集・制作及び翻訳(言語多角化)を専門とする、マニュアルオーダーメイドサービス(MOS事業)を提供しています。

また、グレイステクノロジーはマニュアルのデジタル化を推進し、企業のマニュアルに係るコスト低減を実現するクラウド型のマニュアル基幹システム「e-manual」の導入及び運営を行うマニュアルマネージメントシステム(MMS事業)を展開しています。

グレイステクノロジーIPOの業績

グレイステクノロジーの業績

(※画像クリックで拡大)

グレイステクノロジーIPOの売り上げは横ばいですが、経常利益は理想的な右肩上がりですね。

グレイステクノロジーのIPO評価

グレイステクノロジーIPOの規模(8.4億円)は、どちらかと言うと小さめですが、想定価格が3,010円と高めなので、同時上場による資金分散の影響を受けそうです。

また、クラウドを利用したマニュアル管理サービスは、IPO的にも一定の評価を得られそうです。ただし、グレイステクノロジーIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(264,000株)が気になりますね。

よって、グレイステクノロジーのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。グレイステクノロジーIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される、公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。


にほんブログ村

グレイステクノロジーIPOのその他情報はこちら

グレイステクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

グレイステクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)は、積極的に申し込むつもりです。グレイステクノロジーIPOの幹事証券は少ないので、主幹事の東海東京証券を中心に、SBI証券、岡三証券、むさし証券と、持っている証券口座全てに申し込む予定です。

ユー・エム・シー・エレクトロニクスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
東海東京証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
エース証券 口座なし
岡三証券 BB参加
むさし証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社