グリーンズ(6547)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(3月6日)から始まります。グリーンズIPOは、東証2部市場及び名証2部市場への新規上場なので、あまり注目されていないようです。

IPOラッシュ中にもかかわらず単独上場という点はプラス要素ですが、前日に上場するエスキュービズムIPOが初日値付かずになると、実質的に同時上場となるため、日程面も微妙ですね。

グリーンズ

グリーンズ(東証2部及び名証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名グリーンズ
コード6547
主幹事証券野村證券
幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
みずほ証券
岡三証券
SBI証券
上場日3月23日
仮条件決定日3月3日(1,350円~1,400円に決定)
ブックビルディング期間3月6日から3月10日まで
公開価格決定日3月13日(1,400円に決定)
申込期間3月14日から3月17日まで
公募2,000,000株
売出し2,400,000株
OA660,000株
吸収金額68.3億円
想定価格1,350円
初値価格1,521円


グリーンズIPO幹事のSMBC日興証券

グリーンズIPOの事業内容

グリーンズは、宿泊型特化ホテルである「コンフォート」ブランドホテルを全国政令指定都市等で運営する「チョイスホテルズ事業」と、宴会場やレストラン等を併設したホテルから宿泊特化型ホテルまで、地域特性に合わせたホテルを展開する「グリーンズホテル事業」を主たる事業としている企業です。

また、グリーンズは公式サイト及び楽天トラベルをはじめとするインタネットによる宿泊予約の獲得、旅行会社の販売する旅行商品への客室提供、法人契約先への優待販売プランの販売などに力を注いでいます。

グリーンズは、近畿地方や中部地方を中心に、全国で88店舗(平成29年1月31日現在)のホテルを展開しているので、そこそこの知名度はありそうです。

グリーンズIPOの業績

グリーンズの業績

(※画像クリックで拡大)

グリーンズの業績は、東証2部IPOらしく、概ね堅調に推移していますね。

グリーンズのIPO評価

グリーンズは、IPOで人気になりにくい東証2部案件で、規模(吸収金額68.3億円)も大きいため、需給面にはあまり魅力を感じません。

ホテル事業は、インバウンド関連として一定の評価を得られそうで、業績も悪くありませんが、それでも他のIPO銘柄と比較すると弱いですね。

よって、グリーンズのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。グリーンズIPOは、それほど悪い銘柄ではありませんが、IPOとしてはやや魅力に乏しいため、公募価格近辺で初値形成しそうです。


にほんブログ村

グリーンズIPOのその他情報はこちら

グリーンズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

グリーンズIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送る予定です。グリーンズIPOは、規模(68.3億円)の大きさを除けば、まずまずの銘柄だと思いますが、あえてIPOで申し込むほどでは無いと考えています。

ただし、SBI証券だけは、例のごとくIPOチャレンジポイント狙いで申し込みます。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

グリーンズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
大和証券 BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
みずほ証券 BB不参加
岡三証券 BB不参加
SBI証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社