アトリエはるか(6559)IPOのBB(ブックビルディング)が、本日(11月15日)から開始されます。アトリエはるかIPOは、地方市場(名古屋証券取引所セントレックス)への新規上場ですが、規模が極めて小さいために、需給面で注目されそうです。

また、アトリエはるかIPOは12月のIPO第一弾で、IPOラッシュにもかかわらず単独上場できる点もプラスに働きそうです。

アトリエはるか

アトリエはるか(名証セントレックスIPO)IPOの基本情報

銘柄名アトリエはるか
コード6559
主幹事証券岡三証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日12月7日
上場取消
仮条件決定日11月15日(1,250円~1,400円に決定)
ブックビルディング期間11月17日から11月24日まで
公開価格決定日11月27日(1,400円に決定)
申込期間11月29日から12月4日まで
公募16,000株
売出し35,000株
OA7,600株
吸収金額0.8億円
想定価格1,400円
初値価格上場取消

アトリエはるかIPOの事業内容

アトリエはるかはサロン運営を中心に、女性の身だしなみに関するサービスを提供するトータル・ビューティ事業を展開しています。

サロン運営では、ヘアメイク専門店「atelier haruka」、ネイルサロン「MANICURE HOUSE」、レンタルドレスサロン「DRESSIA」などを、全国で62店舗(平成29年9月30日現在)運営しています。

また、アトリエはるかは「身だしなみ」、「接客マナー」、「ヘアメイク」に特化した人材育成プログラム「エデュケーション」の提供や、自社のアーティストを一般事業会社のマナー研修やブライダルなどに派遣する業務も展開しています。

アトリエはるかIPOの業績

アトリエはるかの業績

(※画像クリックで拡大)

アトリエはるかIPOの売り上げは順調に推移していますが、利益はややバラついていますね。

アトリエはるかのIPO評価

アトリエはるかIPOは、地方上場(名古屋証券取引所セントレックス)という点を割り引いても規模(吸収金額0.8億円)が小さいため、かなりの人気を集めると思います。

よって、アトリエはるかのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。アトリエはるかIPOは、規模(吸収金額0.8億円)だけ見れば、初日値付かず間違いなしだと思います。

ただ、地方市場はやや買いが入りにくく、流動性にも欠けるため、公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アトリエはるかIPOのその他情報はこちら

アトリエはるかIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アトリエはるかIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。主幹事の岡三証券を中心に、全ての幹事証券に申込んで、少しでも当選確率をアップさせたいと考えています。

また、岡三証券が主幹事なので、同グループの岡三オンライン証券は要注目です。

アトリエはるかIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
岡三証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ