ほぼ日(3560)IPOの新規上場が承認されました。ほぼ日IPOは、3月16日にジャスダック・スタンダード市場へ新規上場する予定です。

ほぼ日IPOは、少し前に新規上場すると報道されていましたが、その通りになりましたね。ほぼ日IPOは、糸井重里氏が社長を務めているので、注目度は高さそうです。

ほぼ日

ほぼ日(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ほぼ日
コード3560
主幹事証券みずほ証券
幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
岡三証券
SMBCフレンド証券
丸三証券
マネックス証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日3月16日
仮条件決定日2月24日(2,250円~2,350円に決定)
ブックビルディング期間2月28日から3月6日まで
公開価格決定日3月7日(2,350円に決定)
申込期間3月8日から3月13日まで
公募250,000株
売出し150,000株
OA60,000株
吸収金額10.6億円
想定価格2,300円
初値価格5,360円


ほぼ日IPO幹事のSMBC日興証券

ほぼ日IPOの概要

ほぼ日IPOは、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営およびコンテンツ製作、商品の販売などを行っています。

2002年版からはじめた、ほぼ日オリジナルの「ほぼ日手帳」はご存知の方も多いと思います。

また、ほぼ日IPOは店舗・ギャラリー・イベントスペース「TOBICHI」の企画、運営や、犬や猫の写真を投稿するSNSアプリ「ドコノコ」の運営なども行っています。

ほぼ日IPOは、糸井重里氏が社長なので話題性十分です。ただ、ほぼ日IPOの事業内容自体は地味なので、糸井重里氏とほぼ日手帳の認知度で、どこまで人気を集められるかといったところですね。


にほんブログ村

ほぼ日IPOのその他情報はこちら

ほぼ日IPOの幹事団には、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が名を連ねているので、カブドットコム証券の委託幹事入りも期待できそうです。⇒委託幹事入りが正式に発表されました。


カブドットコム証券の公式サイト

また、IPO取扱銘柄数がトップクラスのSMBC日興証券SBI証券をはじめ、100%完全抽選のマネックス証券や、IPOで穴場的な丸三証券なども幹事団入りしています。


SMBC日興証券の公式サイト

ほぼ日IPOの初値予想

ほぼ日IPOの初値予想は、仮条件決定後(2月24日以降)に追記させていただきます。

4,470円→5,900円 (公開価格比:3,550円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,200円~3,600円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,100円~4,700円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:4,700円~5,400円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:5,400円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング