ほぼ日(3560)IPOのBB(ブックビルディング)が、2月末の28日からスタートします。ほぼ日IPOは、代表取締役社長が有名コピーライターの糸井重里氏ということで、注目度が高くて評価も上々のようです。

ほぼ日IPOが新規上場する3月15日からは、3月末まで怒涛のIPOラッシュなので、スケジュールと資金をしっかり管理して、申し込み忘れなど無いよう気を付けたいですね。

ほぼ日

ほぼ日(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ほぼ日
コード3560
主幹事証券みずほ証券
幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
岡三証券
SMBCフレンド証券
丸三証券
マネックス証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日3月16日
仮条件決定日2月24日(2,250円~2,350円に決定)
ブックビルディング期間2月28日から3月6日まで
公開価格決定日3月7日(2,350円に決定)
申込期間3月8日から3月13日まで
公募250,000株
売出し150,000株
OA60,000株
吸収金額10.6億円
想定価格2,300円
初値価格5,360円


ほぼ日IPO幹事のSMBC日興証券

ほぼ日IPOの事業内容

ほぼ日は、オリジナルコンテンツ中心の無料ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を企画運営して集客し、オリジナル企画の文具及び日用雑貨等を、「ほぼ日刊イトイ新聞」内のインターネット通販で販売することで収益を得ています。

主力商品の「ほぼ日手帳」は、売上高の約7割を占めていて、販売部数も順調に伸ばしています。また、「ほぼ日手帳」はLOFT手帳部門で12年連続NO.1を獲得しているので、使ったことがある方も多いと思います。

「ほぼ日手帳」販売部数の推移

「ほぼ日手帳」の販売部数の推移

(※画像クリックで拡大)

また、ほぼ日は外部クリエイターとコラボレーションしたイベントの開催等で集客し、ウェブサイト上の商品を販売している「TOBICHI(とびち)」や、犬や猫の写真SNSアプリ「ドコノコ」の運営も行っています。

ほぼ日IPOの業績

ほぼ日の業績

(※画像クリックで拡大)

ほぼ日IPOの業績は堅調に推移しており、特に問題は無さそうです。

ほぼ日のIPO評価

ほぼ日は、IT系と思いがちですが、実質的には小売業なので、IPOで人気のある事業内容とは言えません。

ただ、糸井重里氏が社長ということで注目度が高く、「ほぼ日手帳」も根強い人気があるので、かなり期待出来そうです。

また、ほぼ日はジャスダックIPOですが、規模(吸収金額10.6億円)はそれほど大きくないので、需給面も問題なさそうです

よって、ほぼ日のIPO評価は、Bが妥当だと考えています。ほぼ日は、糸井重里氏への期待感と注目度の高さから、公開価格を十分に上回る初値が付くと予想しています。


にほんブログ村

ほぼ日IPOのその他情報はこちら

ほぼ日IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ほぼ日IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。主幹事のみずほ証券はもとより、毎年IPOに当選していて相性の良いSMBC日興証券、100%完全抽選のマネックス証券にも期待しています。

また、IPO幹事常連のSBI証券、穴場的な丸三証券、委託幹事入りしたカブドットコム証券など、申し込める証券会社全てに申し込んで、何とか当選したいですね。

ほぼ日IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
岡三証券 BB参加
SMBCフレンド証券 ネット口座での取扱い無し?
丸三証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
SBI証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社