いちごグリーンインフラ投資法人(9282)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の11月14日から(11月18日まで)スタートします。

いちごグリーンインフラ投資法人は、東証インフラファンドIPOなので、REIT(リート)IPOに近く、通常のIPOとは異なるので注意してください。

いちごグリーンインフラ投資法人

いちごグリーンインフラ投資法人(東証インフラファンドIPO)のIPO基本情報

銘柄名いちごグリーンインフラ投資法人
コード9289
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SMBC日興証券
野村証券
SBI証券
上場日12月1日
仮条件決定日11月10日(95,000円~100,000円に決定)
ブックビルディング期間11月14日から11月18日まで
公開価格決定日11月21日(100,000円に決定)
申込期間11月22日から11月28日まで
公募47,180口
売出し0口
OA3,000口
吸収金額50.1億円
想定価格100,000円


ネットからインフラIPOにも申し込めるSMBC日興証券

いちごグリーンインフラ投資法人IPOの事業内容

いちごグリーンインフラ投資法人は、いちごグループの「心で築く、心を築く」の理念に基づくアセットマネジメント事業・心築事業・クリーンエネルギー事業を軸としたビジネスモデルを最大限活用して、主に太陽光発電施設を中心とした再生可能エネルギー発電設備等の特定資産への投資を行っています。

また、いちごグリーンインフラ投資法人は、いちごグループが有する再生可能エネルギー発電設備運営のノウハウを活用することで、再生可能エネルギー発電設備の運用効率を高め、安定的な収益を確保しつつ、中長期的に運用することを目指しています。

いちごグリーンインフラ投資法人IPOのポートフォリオ

いちごグリーンインフラ投資法人のポートフォリオ

(※画像クリックで拡大))

いちごグリーンインフラ投資法人のIPO評価

いちごグリーンインフラ投資法人IPOは、吸収金額が50.1億円(想定価格ベース)なので、REIT(リート)IPOと比較しても、それほど規模は大きくありません。

ただ、太陽光発電自体に新鮮味は無いため、東証インフラファンド市場の第一弾として注目されたタカラレーベンインフラ投資法人IPO(公開価格100,000円⇒初値109,900円)のようにはいかないと思います。

また、最近のREIT(リート)IPOは、スポンサー力が重要視されています。しかし、いちごグループのスポンサー力には疑問符が付きますね。さらに、このところREIT(リート)IPOが不調なのも懸念材料です。

よって、いちごグリーンインフラ投資法人のIPO評価はDが妥当だと考えています。いちごグリーンインフラ投資法人IPOは、公開価格を割れる可能性が高そうなので、あえて参加する必要はないと思います。


にほんブログ村

いちごグリーンインフラ投資法人IPOのその他情報はこちら

いちごグリーンインフラ投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

いちごグリーンインフラ投資法人のBB(ブックビルディング)スタンスは、基本的に見送るつもりです。ただ、この手のIPOにしては珍しくSBI証券が幹事団入りしているので、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込む予定です。

いちごグリーンインフラ投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
野村証券 BB不参加
SBI証券 BB参加


ポイントを貯めればIPOに当選出来るSBI証券


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社