一家ダイニングプロジェクト(9266)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の11月27日から始まります。一家ダイニングプロジェクトIPOは、マザーズの小型(吸収金額6.5億円)なIPOとして関心を集めているようです。

また、一家ダイニングプロジェクトIPOはカチタスIPOとの同時上場ですが、規模が小さいだけに資金分散の影響も限定的だと思います。

一家ダイニングプロジェクト

一家ダイニングプロジェクト(東証マザーズIPO)IPOの基本情報

銘柄名一家ダイニングプロジェクト
コード9266
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
いちよし証券
マネックス証券
ライブスター証券
上場日12月12日
仮条件決定日11月24日(2,250円~2,450円に決定)
ブックビルディング期間11月27日から12月1日まで
公開価格決定日12月4日(2,450円に決定)
申込期間12月5日から12月8日まで
公募159,000株
売出し93,000株
OA37,800株
吸収金額6.5億円
想定価格2,250円
初値価格6,700円

一家ダイニングプロジェクトIPOの事業内容

一家ダイニングプロジェクトは、「あらゆる人の幸せに関わる日本一のおもてなし集団」をグループミッションに掲げ、飲食事業及びブライダル事業を行っています。

飲食事業では、まるで自分の家に居る様にくつろげる居酒屋「こだわりもん一家」、福岡・博多の風物詩である中洲の屋台街の雰囲気や活気を再現した「屋台屋 博多劇場」、イタリアの食堂の様に気軽にワインと食事を楽しめるイタリアンワインバー「Trattoria&WineBar TANGO」、職人が市場に足を運び選んだ新鮮な食材で握る江戸前鮨を提供する「鮨あらた」を運営しています。

ブライダル事業では、「想い出の場所は始まりの場所となり、永遠の場所となる」をコンセプトに掲げ、ブライダル施設「The Place of Tokyo」の運営や、結婚式の企画及びその他パーティーの企画なども行っています。

一家ダイニングプロジェクトIPOの業績

一家ダイニングプロジェクトの業績

(※画像クリックで拡大)

一家ダイニングプロジェクトIPOの業績は、利益にややバラつきが見られますが、概ね堅調に推移しているようです。

一家ダイニングプロジェクトのIPO評価

一家ダイニングプロジェクトIPOは、規模(吸収金額6.5億円)が小さくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、それなりの人気を集めると思います。

また、一家ダイニングプロジェクトIPOは大型なカチタスIPOとの同時上場ですが、規模が小さいので資金分散の影響も小さいと思います。

よって、一家ダイニングプロジェクトのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。外食関連事業は、IPOで人気とまでは言えませんが、それでも初値は公開価格をしっかりと上回ると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

一家ダイニングプロジェクトIPOのその他情報はこちら

一家ダイニングプロジェクトIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

一家ダイニングプロジェクトIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。主幹事のSMBC日興証券は、やや相性が悪くなっていますが、それでも毎年IPOに当選しているので期待しています。

また、その他の幹事証券にも全て申し込んで、少しでも当選のチャンスを増やしたいと思います。

一家ダイニングプロジェクトIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
マネックス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ