イノベーション(3970)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(12月6日)から(12月12日まで)始まります。イノベーションIPOは、同時上場するセグエグループIPOと並んで人気化しそうな銘柄です。

また、主幹事のSMBC日興証券は、ZMP(7316)IPOでも主幹事を務めており、ここにきて一気に注目度が増していますね。

イノベーション

イノベーション(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名イノベーション
コード3970
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
エース証券
マネックス証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月5日(2,570円~2,770円に決定)
ブックビルディング期間12月6日から12月12日まで
公開価格決定日12月13日(2,770円に決定)
申込期間12月14日から12月19日まで
公募153,600株
売出し45,000株
OA29,700株
吸収金額5.9億円
想定価格2,570円


イノベーションIPO主幹事のSMBC日興証券

イノベーションIPOの事業内容

イノベーションは、インターネットを用いて法人営業の効率化を図るために、「オンラインメディア事業」と「セールスクラウド事業」を展開しています。

「オンラインメディア事業」では、勤怠管理システムや会計システム等の法人向けIT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」と、研修・人事・採用・給与計算など法人向けアウトソーシングサービスの比較・資料請求サイト「BIZトレンド」を運営しています。

「セールスクラウド事業」では、法人営業に特化したマーケティングオートメーションツールである「List Finder」の提供や、オンライン商談システム「BellFace」の代理販売及びWebサイトへの集客施策等に関するコンサルティングサービスを提供しています。

イノベーションIPOの業績

イノベーションの業績

(※画像クリックで拡大)

イノベーションIPOの売上は横ばいで、利益もバラついており、今のところイマイチですね。

イノベーションのIPO評価

イノベーションIPOは3社同時上場ですが、3社とも吸収金額が10億円未満なので、十分に消化出来そうです。

また、イノベーションIPOは当選枚数が少なく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、プラチナチケットと言っても過言ではありません。

よって、イノベーションのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。イノベーションIPOは、公開価格を大きく上回る強い初値形成になりそうです。


にほんブログ村

イノベーションIPOのその他情報はこちら

イノベーションIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

イノベーションIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。特に、主幹事のSMBC日興証券は、毎年IPOに当選しているので、個人的にかなり期待しています。

また、平幹事の中で抽選配分数の多そうなSBI証券マネックス証券も外せませんね。

イノベーションIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
エース証券 口座なし
マネックス証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社