インソース(6200)IPOの新規上場が承認されました。インソースIPOは、7月21日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ようやくIPO(新規公開株)が出始めたと思ったら、デュアルタップIPOとの同時上場になってしまいました。一日でもずらしてくれれば良いのですが、なかなか上手くいかないものです。

インソース

インソース(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名インソース
コード6200
主幹事証券みずほ証券
幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
SMBC日興証券
東洋証券
SBI証券
SMBCフレンド証券
マネックス証券
カブドットコム証券
上場日7月21日
仮条件決定日6月30日(460円~520円に決定)
ブックビルディング期間7月4日から7月8日まで
公開価格決定日7月11日(520円に決定)
申込期間7月12日から7月15日まで
公募700,000株
売出し1,250,000株
OA292,500株
吸収金額11.7億円
想定価格520円

インソースIPOの概要

インソースIPOは、講師派遣型研修、集合型研修、人事サポート・研修管理システム「Leaf」、定額制eラーニングシステム「STUDIO」など、様々な社会人向け教育サービスを提供している企業です。

インソースIPOは、吸収金額11.7億円(想定価格ベース)と中規模で、事業内容もIPO的にいまいちピンとこないので、これから慎重に検討していきたいと思います。

インソースIPOの幹事団には、IPO幹事常連組のSMBC日興証券が名を連ねています。

また、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券は、必ず申し込みたいところです。

さらに、一人一票制で誰にでも公平に当選のチャンスがあるマネックス証券も押さえておきたいところです。

IPOで当選するコツは、出来るだけ多くの証券会社から申し込むことなので、今のうちから証券口座を開設しておくことをオススメします。⇒(IPO投資にオススメの証券会社

インソースIPOの初値予想

インソースIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月30日以降)に追記させていただきます。

670円 (想定価格比:+150円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:570円~620円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:600円~650円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:700円)


にほんブログ村

インソースIPOのその情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ