インソース(6200)IPOの仮条件が決定しました。インソースIPOは、手の出しやすい価格で業績も堅調なので、単独上場ならもう少し評価されたと思います。

しかし、インソースIPOはデュアルタップIPOとの同時上場になってしまったので、ちょっと損をしている感じですね。

インソース

インソースIPOの基本情報

インソースIPOのBBスタンスとIPO評価

インソースIPOの新規上場を承認

インソースIPOの仮条件

460円~520円

インソースIPOの仮条件は、想定価格520円を下限とした弱気の設定になっています。インソースIPOは、仮条件が思っていた以上に弱気で少し気になりますが、それでも許容範囲内に収まっていますね。

インソースIPOの初値予想

670円 (想定価格比:+150円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:570円~620円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:600円~650円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:700円)

インソースIPOは、同時上場するデュアルタップIPO(吸収金額5.4億円)より規模(吸収金額11.7億円)が大きく、公募株(700,000株)より売出株(1,250,000株)が多いことが懸念材料です。

また、インソースIPOは想定価格が520円と安いため、初値で大きな利益を得るのは難しいですね。

ただ、インソースIPOは手の出しやすい価格で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないことから、公開価格を多少上回る初値が付くと予想しています。


にほんブログ村

インソースIPOのその他初値予想はこちら

インソースIPOの幹事団

インソースIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
SMBC日興証券
東洋証券
SBI証券
SMBCフレンド証券
マネックス証券
カブドットコム証券

インソースIPOで当選を目指すには、主幹事のみずほ証券はもちろんのこと、IPOの取扱銘柄数がトップクラスのSMBC日興証券や、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券も必ず申し込みたいところです。


↑SMBC日興証券の公式サイト↑


↑SBI証券の公式サイト↑


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

JR北九州が10月にもIPO新規上場すると報じられています。大型IPOでは、数多くの証券会社に申し込むことで当選確率がアップしますので、今のうちから証券口座の準備を進めておきましょう。⇒IPOにオススメの証券会社