インターネットインフィニティー(6545)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の3月2日から始まります。インターネットインフィニティーIPOは、3月に新規上場する銘柄の中で、規模(吸収金額2.8億円)が一番小さいため、人気化必至の銘柄です。

同時上場の力の源ホールディングスIPO(一風堂)も人気を集めそうですが、インターネットインフィニティーIPOの方がより期待できそうですね。

インターネットインフィニティー

インターネットインフィニティー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名インターネットインフィニティー
コード6545
主幹事証券みずほ証券
幹事証券大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券
岡三証券
丸三証券
岩井コスモ証券
SBI証券
マネックス証券
上場日3月21日
仮条件決定日2月28日(1,240円~1,320円に決定)
ブックビルディング期間3月2日から3月8日まで
公開価格決定日3月9日(1,320円に決定)
申込期間3月10日から3月15日まで
公募130,000株
売出し65,000株
OA29,000株
吸収金額2.8億円
想定価格1,240円
初値価格5,040円


インターネットインフィニティーIPO幹事のSMBC日興証券

インターネットインフィニティーIPOの事業内容

インターネットインフィニティーは、シニア・シルバーマーケットにおいて、介護とITの融合を目指しながら、ヘルスケアソリューション事業及び在宅サービス事業を行っている企業です。

ヘルスケアソリューション事業では、高齢者の健康寿命を延ばすための短時間リハビリ型介護サービス「レコードブック」の運営を行うレコードブック事業を展開しています。

また、介護専門サイトの運営を通じて構築したケアマネージャーネットワークを利用したシルバーマーケティング支援や、仕事と介護の両立支援等を行うWebソリューション事業等も行っています。

さらに、インターネットインフィニティーは在宅サービス事業において、在宅高齢者の方々に各種介護保険サービスを提供しています。

インターネットインフィニティーIPOの業績

インターネットインフィニティーの業績

(※画像クリックで拡大)

インターネットインフィニティーIPOの売上高は、順調に推移しており、利益も急伸しているので、今後も期待出来そうです。

インターネットインフィニティーのIPO評価

インターネットインフィニティーは、吸収金額が2.8億円(想定価格ベース)と小さく、当選枚数も極めて少ないので、需給面だけ見ても人気化必至のプラチナチケットです。

また、インターネットインフィニティーは、介護という国策とマッチしたテーマ性からも人気を集めそうです。

よって、インターネットインフィニティーのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。インターネットインフィニティーは、初日値付かずの可能性が極めて高いと予想しています。


にほんブログ村

インターネットインフィニティーIPOのその他情報はこちら

インターネットインフィニティーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

インターネットインフィニティーIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込みます。主幹事のみずほ証券は、あまり相性が良くないので、インターネットインフィニティーで当選して、相性の悪さを払拭したいです。

また、相性の良いSMBC日興証券大和証券は、当選枚数が少なそうですが、それでも秘かに期待しています。

インターネットインフィニティーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岡三証券 BB参加
丸三証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
SBI証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社