IPO(新規公開株)投資一年目となった2014年の当選実績は以下の通りでした。

2014年IPO当選実績
 銘柄名 証券会社 株数 公募価格 初値価格 利益
ダイキョーニシカワ SMBC日興証券 100 1,600円 1,799円 19,900円
CYBERDYNE SMBC日興証券 200 3,700円 8,510円 962,000円
インベスコ・オフィス
・ジェイリート
投資法人
SMBC日興証券 20 103,000円 108,900円 118,000円
トーセイ
・リート投資法人
大和証券 1 103,000円 115,000円 12,000円
イーレックス 野村ネット
&コール
100 1,170円 1,301円 13,100円
MRT 大和証券 100 800円 3,275円 247,500円
合計 1,372,500円

※利益金額は税・手数料込みです。

IPO投資一年目で137万もの利益が得られたのはラッキーとしか言いようがありません。特に、総利益の70%を占めたCYBERDYNEを裁量で200株配分してもらえたことが大きかったです。

また、インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の20口も裁量でいただいたので、抽選分での利益は292,500円になります。

こうして見るとたまたま裁量で良い銘柄をいただけたので一年目から大きな利益になりましたが、実際には約29万が自力で得られた利益ということになるかもしれません。

ちなみに239回BB(ブックビルディング)して4回の当選だったので、抽選での当選確率は約1.67%でした。当選確率1.67%という数字だけ見るとIPOに当選するのはかなり難しいと感じるかもしれません。しかし、私のようなIPO株ビギナーでもコツコツと申し込み続ければ約29万程度の利益は抽選で得られる可能性があるとも言えます。

当選実績の表を見ていただいても分かる通り、裁量&抽選で得られたIPO株は全て初値売りでプラス計上です。つまり、私の2014年IPO投資勝率は100%です。

IPOはなかなか当選しないので何でもかんでもBB(ブックビルディング)したくなりますが、IPOと言えども公募価格を割れる銘柄も出てきます。なので、そこはグッと我慢して慎重に銘柄を選びながら地道にBB(ブックビルディング)し続ければ100%に近い確率(ほぼノーリスク)で利益を得ることが出来ると思います。

私は家族口座などは一切ないので、私個人の純粋な実績になっています。つまり、私のようなIPO株ビギナーでも年間で利益を出すことは十分に可能なので、IPO株に興味がある方は是非チャレンジしてみて下さい。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング