IPO投資の第一歩はもちろん証券会社の口座を開設することです。証券口座がなければIPOの抽選には申し込めませんので、まずは自分に合った証券会社を探して口座を開設しましょう。

証券口座の開設

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング

投資資金が少ない方や初心者に最適な証券会社の選び方

投資資金が少ない方や初心者の方は、野村証券(野村ホームトレード及び野村ネット&コール)、岡三オンライン証券、いちよし証券などの前受け金不要の証券会社がオススメです。

IPO投資では口座数の数が当選への近道ではありますが、大半の証券会社はIPO申し込み時に公募価格相当の前受け金が必要となります。なので、投資資金が少ない時は沢山の口座を持っていても全てに申し込むことは出来ません。

しかし、前受け金不要の証券会社なら当選時に入金すれば間に合うので資金が少なくても申し込むことが可能です。

または、SMBC日興証券野村証券SBI証券など、IPOの主幹事を務めることが多い証券会社から口座を開設していく方法もオススメです。

IPOでは当然ながら主幹事が一番配分数が多いため当選しやすいと言えます。資金が少ないうちはIPOの主幹事に絞って申し込むのも有効な手段だと思います。

特に、SBI証券はIPOの抽選に外れてもポイントが貰えます。このポイントを貯めていくことでゆくゆくはS級のIPOをゲットすることも可能になります。(※SBI証券のIPOチャレンジポイントについて

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

投資資金に余裕がある方に最適な証券会社の選び方

投資資金に余裕がある方は少し乱暴な言い方ですが、野村証券SMBC日興証券SBI証券みずほ証券大和証券マネックス証券など、IPOの幹事に名を連ねることの多い証券会社に片っ端から口座開設していくのがオススメです。

投資資金に余裕があれば数多くの口座から申し込むことが可能になります。それだけでIPOに当選する確率はアップしますので、地味ながら非常に有効な手段だと思います。

また、あえてインターネット口座ではなく担当者と直接やり取りをする総合口座(証券会社によって呼び名はいろいろ)を開設する手もあります。

資金力があれば担当者に直接交渉して裁量でIPOを配分してもらうことも可能になります。もちろん、タダでIPOを配分してもらえるわけではなく、IPO以外の取引なども必要になってきますが、資金に余裕があるならばチャレンジしてみても面白いと思います。ただし、初心者の方にはハードルが高いのでオススメしません。

これから春に向かって次々とIPOの上場が承認されると思いますので、早めに準備してIPO取引に臨みましょう。⇒(IPOにオススメの証券会社