6月以降のIPO(新規公開株)に備えて、2017年4月までに新規上場したIPOの騰落率ベスト5をリストアップしてみました。やはり、東証マザーズの小型IPOは初値が跳ねやすいですね。

IPO騰落率ベスト5

2017年前半のIPO騰落率ベスト10(5月3日時点)
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益
騰落率
1位

3984
ユーザーローカル
3月30日
大和証券
マザーズ
13.7億円
2,940円
12,500円
9,560円
325.2%
2位

3976
シャノン
1月27日
東洋証券
マザーズ
2.6億円
1,500円
6,310円
4,810円
320.7%
3位

6545
インターネット
インフィニティー
3月21日
みずほ證券
マザーズ
3億円
1,320円
5,040円
3,720円
281.8%
4位

3561
力の源ホールディングス
3月21日
野村證券
マザーズ
6.9億円
600円
2,230円
1,630円
271.7%
5位

9325
ファイズ
3月15日
大和証券
マザーズ
7.9億円
1,250円
4,010円
2,760円
220.8%

騰落率={(初値価格-公募価格)÷公募価格}×100


にほんブログ村

1位のユーザーローカル(3984)は、当初から初値高騰必至と言われていただけあって、期待通りの結果を残しています。

2位のシャノン(3976)は、2017年のIPO第一弾だったので、年初一発目のIPOは初値が跳ぶというアノマリー通りの高い初値を付けました。

3位以下も全て東証マザーズの小型IPOが占めています。また、大和証券が主幹事を務めた銘柄が二つランクインしているので、今年の後半も大和証券が主幹事を務めるマザーズの小型IPOは期待出来そうですね。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング