イワキポンプ(6237)IPOのBB(ブックビルディング)が今週の3月3日から(3月9日まで)始まります。イワキポンプは、もう耳にタコが出来たと思いますが、3月18日に6社同時上場するIPO銘柄の一つなので、かなりの苦戦を強いられると思います。

また、イワキポンプは事業内容に新鮮味が無く、東証二部市場への新規上場という点からも、手を伸ばしづらいIPO銘柄ですね。

イワキポンプ

イワキポンプ(東証二部IPO)のIPO基本情報

銘柄名イワキポンプ
コード6237
主幹事証券大和証券
幹事証券SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
エース証券
丸三証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日3月18日
仮条件決定日3月1日(1,900円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間3月3日から3月9日まで
公募価格決定日3月10日(2,000円に決定)
公募600,000株
売出し0株
OA90,000株
吸収金額13.6億円
想定価格1,970円

イワキポンプIPOの事業内容

イワキポンプは、ケミカルポンプを中心とした最前線の流体制御製品を開発・提供しており、それに附帯する製品の修理及びアフターサービス並びに設置工事を行っている企業です。

また、イワキポンプは様々な業界の多様なニーズに応えるため、マグネットポンプ、定量ポンプ、空気駆動ポンプ、回転容積ポンプ、エアーポンプなどを提供しています。

イワキポンプの業績

(※画像クリックで拡大)

イワキポンプの業績は順調そうですが、少し頭打ちといった雰囲気も漂っています。

イワキポンプのIPO評価

イワキポンプIPOは、事業内容が地味ではありますが業績は概ね順調です。しかし、東証二部上場のIPOは人気になりにくく、6社同時上場という過密スケジュールも厳しさに拍車を掛けそうです。

よって、イワキポンプのIPO評価はDが妥当だと考えています。イワキポンプは堅実なイメージから公募価格と同程度の初値が付きそうですが、公募価格割れも十分にありえると思います。現時点では、同時上場する他のIPO銘柄と比べても、積極的に参加するメリットは感じられませんね。

イワキポンプIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

イワキポンプIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送る公算が高いです。かと言って、同時上場する他のIPO銘柄でこれはというものは無いのですが、あえてリスクを取ってイワキポンプのBBに参加する必要はないかなと感じています。ただし、SBI証券はIPOチャレンジポイントが欲しいのでBBには参加します。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

イワキポンプIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB見送り
SMBC日興証券 BB見送り
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB見送り
いちよし証券 BB見送り
エース証券 口座無し
丸三証券 BB見送り
SBI証券 BB申し込み
カブドットコム証券 BB見送り

SMBC日興証券は、4月5日に新規上場予定のハイアス・アンド・カンパニー(6192)で主幹事を務めており、その他多く銘柄でも幹事団入りしているIPO必須の証券会社です。

SBI証券は、3月31日に新規上場予定のPR TIMES(3922)とエボラブルアジア(6191)で主幹事を務めていますので、口座をお持ちでない方はお早目の口座開設をオススメします。


にほんブログ村

イワキポンプIPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ