ジェイテックコーポレーション(3446)IPOの仮条件が決まっています。ジェイテックコーポレーションIPOは、高い技術力を持つオンリーワン企業として注目されています。

ジェイテックコーポレーションIPOは、やや規模(吸収金額25億円)が大きいため、地合いに左右される可能性もありますが、それでもかなり良い初値が期待出来そうです。

ジェイテックコーポレーション

ジェイテックコーポレーションIPOの関連記事

ジェイテックコーポレーションIPOのBBスタンスとIPO評価!

ジェイテックコーポレーションIPOの新規上場を承認!日興主幹事!

ジェイテックコーポレーションIPOの仮条件

2,100円~2,250円

ジェイテックコーポレーションIPOの仮条件は、想定価格の2.170円をほぼ中間に挟んだレンジになっています。ジェイテックコーポレーションIPOはやや値がさなので、無難な仮条件だと思います。

ちなみに、ジェイテックコーポレーションIPOの公開価格が仮条件の上限(2,250円)で決まった場合、吸収金額は25億円から25.9億円にアップしますが、体勢に影響はなさそうです。


ジェイテックコーポレーションIPO主幹事のSMBC日興証券

ジェイテックコーポレーションIPOの初値予想

5,200円 (想定価格比:+3,030円)

(※大手予想会社の初値予想:4,500円~5,200円)

ジェイテックコーポレーションIPOは、専門性の高い事業内容で注目されていて業績も好調なことから、かなりの人気を集めそうです。

また、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もありますが、初値を抑制するほどではないと思います。

よって、ジェイテックコーポレーションIPOは初日の気配上限価格(公開価格の2.3倍)付近で初値形成すると予想しています。

地合い次第では初日値付かずの可能性も十分にあると思いますが、今のところ地合いが不安定なので、思ったほど伸びないということもあり得ますね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ジェイテックコーポレーションIPOのその他初値予想はこちら

ジェイテックコーポレーションIPOの幹事団

ジェイテックコーポレーションIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 野村證券
SBI証券
みずほ証券
エース証券
東洋証券
岡三証券
エイチ・エス証券
マネックス証券
岡三オンライン証券

主幹事のSMBC日興証券は、そろそろ当選しても良い頃なので、個人的にはかなり期待度が高まっています。

また、100%完全抽選で抽選配分数が多くなる傾向にあるマネックス証券も秘かに期待出来そうです。その他では、前受金不要でIPOに申し込める岡三オンライン証券も要チェックです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社