ジャパンエレベーターサービスホールディングス(6544)IPOの仮条件が決まっています。ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOは、前後に人気化しそうな銘柄が上場するので、やや影が薄いですね。

また、ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOは、ビーグリーIPOとの同時上場で、両方合わせると吸収金額が112.7億円(想定価格ベース)と大きいため、両銘柄とも資金分散の影響を受けそうです。

ジャパンエレベーターサービスホールディングス

ジャパンエレベーターサービスホールディングスの関連記事

ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価

ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOの新規上場を承認

ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOの仮条件

530円~550円

ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の530円を下限にほんの少し上方へ拡げたレンジになっています。ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOは、全体的に地味な印象ですが、仮条件まで地味な設定です。

仮条件の値幅が非常に小さいので、公開価格は上限の550円で決まりそうですね。ちなみに、公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は17.7億円から18.3億円にアップします。

ジャパンエレベーターサービスホールディングス幹事のSMBC日興証券

SMBC日興証券のIPOルール

ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOの初値予想

680円 (想定価格比:+150円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:650円~700円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:600円~660円)

エレベーターの保守・メンテナス事業は、マザーズIPOにしては新鮮味に欠けますが、堅実で安定した需要がありそうなので、それなりの評価を得られそうです。

また、ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOは、やや規模(吸収金額17.7億円)が重めですが、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらず、想定価格(530円)も安くて買いやすいので、公開価格を若干上回りそうです。


にほんブログ村

ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOの幹事団

ジャパンエレベーターサービスホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 みずほ証券
SMBC日興証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
SBI証券
東海東京証券

主幹事の野村證券みずほ証券200株配分なので、低価格でも当選出来れば、そこそこの利益が得られるかもしれませんね。また、SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで押さえておきたいですね。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング