日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の3月13日から始まります。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人は、IPOラッシュ終盤に新規上場しますが、完全に他の銘柄に埋もれてしまっていますね。

ちなみに、東証インフラファンドIPOは、一般的なIPOとは異なるので、初心者の方は注意して下さい。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(東証インフラファンドIPO)のIPO基本情報

銘柄名日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
コード9283
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券大和証券
岡三証券
東海東京証券
SBI証券
上場日3月29日
仮条件決定日3月10日(93,000円~95,000円に決定)
ブックビルディング期間3月13日から3月16日まで
公開価格決定日3月17日(93,000円に決定!)
申込期間3月21日から3月24日まで
公募39,140口
売出し0口
OA2,060口
吸収金額41.2億円
想定価格100,000円
初値価格89,200円


日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPO主幹事のSMBC日興証券

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOの事業内容

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等(太陽光、風力、地熱、小水力及びバイオマス等)への重点投資を行うことにより、安定的な収益を確保し、中長期的な投資主価値の最大化を目指しています。

ちなみに、投資対象資産の90%以上は太陽光発電設備等で、その他の再生可能エネルギー発電設備等は10%未満となっています。

また、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人は、スポンサーであるリニューアブル・ジャパン及びサポート会社3社(日本アジア投資株式会社、アンフィニ株式会社、霞が関キャピタル株式会社)のサポートを通じて資産規模の拡大を図っています。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOのポートフォリオ

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人のポートフォリオ

(※画像クリックで拡大)

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人のIPO評価

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人は、吸収金額が41.2億円(想定価格ベース)なので、インフラIPOとしてはそれほど大きくありません。

ただ、IPOラッシュ中の上場なので、他の銘柄に関心が集まっており、需給面でかなり苦戦しそうです。また、昨年末に新規上場したいちごグリーンインフラ投資法人(9282)が、公開価格割れだったこともマイナスに作用しそうです。

よって、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人のIPO評価は、Dが妥当だと考えています。日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOは、とにもかくにも上場のタイミングが悪く、他の銘柄に人気と資金も集中しそうなので、公開価格を割れる可能性が高いと思います。


にほんブログ村

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOのその他情報はこちら

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOのBB(ブックビルディング)は見送るつもりです。日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOは、主幹事のSMBC日興証券なら、当選の可能性が高そうですが、当選欲しさに手を出すのはやめておこうと思います。

ただし、SBI証券だけは、IPOチャレンジポイント狙いで申し込みます。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 BB不参加
岡三証券 BB不参加
東海東京証券 BB不参加
SBI証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社