カナミックネットワーク(3939)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の8月29日から始まります。

カナミックネットワークIPOは、デジタルアイデンティティIPO串カツ田中IPOとの3社同時上場ですが、その中でも個人的に一番注目している銘柄です。

カナミックネットワーク

カナミックネットワーク(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名カナミックネットワーク
コード3939
主幹事証券野村証券
幹事証券みずほ証券
SBI証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
いちよし証券
岡三証券
上場日9月14日
仮条件決定日8月25日(2,760円~3,000円に決定)
ブックビルディング期間8月29日から9月2日まで
公開価格決定日9月5日(3,000円に決定)
申込期間9月6日から9月9日まで
公募54,000株
売出し166,000株
OA33,000株
吸収金額6.9億円
想定価格2,760円


↑カナミックネットワークIPOで幹事を務めるSBI証券↑

カナミックネットワークIPOの事業内容

カナミックネットワークIPOは、「超高齢化社会の地域包括ケアをクラウドで支える」という経営理念のもと、医療介護に特化した「情報共有プラットフォーム」、「介護業務管理システム」、「コンテンツサービス」などを提供しています。

また、介護ソフトのカナミッククラウドサービスは、全国各地で約43,000名に利用されおり、順調に実績と信頼を積み重ねているシステムです。

さらに、カナミックネットワークIPOは、総務省の在宅医療・訪問介護連携モデルの実証実験に参画し、当該実験におけるICT統括管理を担当しています。

カナミックネットワークIPOの業績

カナミックネットワークの業績

(※画像クリックで拡大)

カナミックネットワークIPOの業績は好調に推移しており、2016年9月期も増収増益の見通しになっています。

カナミックネットワークのIPO評価

カナミックネットワークIPOは、吸収金額6.9億円(想定価格ベース)の小型なマザーズIPOなので、かなりの人気を集めそうです。

また、カナミックネットワークIPOは、医療介護という政策にマッチしたテーマ性からも注目されそうです。

唯一の不安材料は、3社同時上場という点ですが、3社合わせてもさほど規模は大きくないため、それほど心配する必要は無いと思います。

よって、カナミックネットワークのIPO評価はAが妥当だと考えています。カナミックネットワークIPOは、想定価格がやや高めですが、それでも初日値付かずの初値高騰もあり得そうです。


にほんブログ村

カナミックネットワークIPOのその他情報はこちら

カナミックネットワークIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

カナミックネットワークIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。

主幹事の野村証券はもとより、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券や、IPO後期型で他の証券会社より口座数が少なめな岩井コスモ証券も必ず押さえておきたいところです。


↑SBI証券の公式サイト↑

カナミックネットワークIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岡三証券 BB参加


↑岩井コスモ証券の公式サイト↑

IPO当選の秘訣は、出来るだけ多くの証券会社に申し込むことなので、まだ持っていない証券口座は、早めに開設しておきましょう。

IPOにオススメの証券会社