カチタス(8919)IPOの新規上場が承認されました。カチタスIPOは、12月12日に東証1部又は2部市場へ新規上場する予定です。

カチタスIPOは、すでに新規上場が承認されている一家ダイニングプロジェクトIPOとの同時上場になります。

しかも、カチタスIPOは規模(吸収金額377.6億円)が大きく、翌日にはさらに大型なSGホールディングス(佐川急便)IPOも控えているため、資金繰りに頭を悩ますことになりそうです。

カチタス

カチタス(東証1部IPO)IPOの基本情報

銘柄名カチタス
コード8819
主幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
岩井コスモ証券
エース証券
SBI証券
岡三証券
マネックス証券
水戸証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
上場日12月12日
仮条件決定日11月26日(1,500円~1,640円に決定)
ブックビルディング期間11月27日から12月1日まで
公開価格決定日12月4日(1,640円に決定)
申込期間12月5日から12月8日まで
公募0株
売出し21,056,300株
(国内:13,128,900株
海外:7,927,400株)
OA1,969,000株
吸収金額377.6億円
想定価格1,640円
初値価格1,665円


カチタスIPO幹事のマネックス証券

カチタスIPOの概要

カチタスIPOは、戸建の空き家を中心に自ら買い取ってリフォームし、再生して販売する中古住宅再生事業を行っています。

また、カチタスIPOはニトリホールディングスと業務提携しており、カチタスが販売する一部の住宅にニトリの家具やインテリア商品を設置し、付加価値を高めて販売するスキームの実現を目指しています。

カチタスIPOの中古住宅再生事業は、空き家問題が社会問題化しているため、一定の評価を得られそうです。ただ、カチタスIPOは規模(吸収金額377.6億円:国内247.6億円)が大きく、スケジュールもタイトなので、他の銘柄と比較検討しながら、慎重に判断したいと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

カチタスIPOのその他情報はこちら

注目の幹事証券

カチタスIPOの幹事団には、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券と、お馴染みの証券会社が名を連ねています。


SMBC日興証券

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団入りしているので、カブドットコム証券岡三オンライン証券が委託幹事入りする可能性も高そうです。⇒正式に決定しました!


カブドットコム証券

カチタスIPOの初値予想

カチタスIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月26日以降)に追記させていただきます。

1,640円 (想定価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想:1,640円~1,800円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング