神戸天然物化学(6568)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の2月28日から開始されます。神戸天然物化学IPOは、マザーズにしては規模が大きいため、需給面にやや不安があります。

しかし、神戸天然物化学IPOは3月中旬から始まるIPOラッシュの幕開けとなる銘柄なので、勢いをつけるためにも少しでも良い結果を残してほしいですね。

神戸天然物化学

神戸天然物化学(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名神戸天然物化学
コード6568
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
エース証券
上場日3月15日
仮条件決定日2月27日(2,140円~2,340円に決定)
ブックビルディング期間2月28日から3月6日まで
公開価格決定日3月7日(2,340円に決定)
申込期間3月8日から3月13日まで
公募1,380,000株
売出し888,000株
OA340,200株
吸収金額61億円
時価総額172.7億円
想定価格2,340円→公開価格:2,340円
初値価格3,665円


神戸天然物化学IPO主幹事のSMBC日興証券

神戸天然物化学IPOの事業内容

神戸天然物化学は「スピードと対応力」をモットーに、医薬分野、情報電子材料分野、農業分野、エネルギー・環境分野など多岐にわたる産業分野で、有機化学品の研究・開発・生産ソリューション事業を展開しています。

目論見書に目を通してみても、素人には理解しにくい部分が多々ありますが、高い技術力を有していることは間違いなさそうです。

ちなみに、神戸天然物化学の主要顧客(売上高の上位50社)は、国内の大手化学会社や製薬会社が中心になっていて、売上の95.3%を占めています。

神戸天然物化学IPOの業績

神戸天然物化学の業績

(※画像クリックで拡大)

神戸天然物化学IPOの売上高は堅調に推移しており、利益も急増していて好調そうです。

神戸天然物化学のIPO評価

神戸天然物化学は、やはり規模(吸収金額61億円)の大きさが懸念材料です。ただ、単独上場でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、地合いが良ければ何とかなりそうな気もします。

また、事業内容は専門的で地味な印象ですが、医薬やバイオ関連銘柄として注目される可能性はありそうです。

よって、神戸天然物化学のIPO評価は、Cが妥当だと考えています。神戸天然物化学IPOは、規模が大きいので地合いに左右されそうですが、公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

神戸天然物化学IPOのその他情報はこちら

神戸天然物化学IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

神戸天然物化学IPOのBB(ブックビルディング)は、前向きに参加するつもりです。神戸天然物化学IPOにネットから申し込めるのは、主幹事のSMBC日興証券と平幹事のSBI証券及び野村證券の3社だけなので、今のところ全てに申し込むつもりです。

神戸天然物化学IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
SBI証券 BB参加
エース証券 口座なし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ