コメダホールディングス(3543)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の6月13日から(6月17日まで)スタートします。コメダ喫茶は知名度抜群なので、今回の新規上場も大きな話題を呼んでいます。

コメダホールディングスIPOから株式投資デビューする方が、昨年の郵政IPOの時と同じく増えそうですね。

コメダホールディングス

コメダホールディングス(東証一部IPO)のIPO基本情報

銘柄名コメダホールディングス
コード3543
主幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
上場日6月29日
仮条件決定日6月10日(1,780円~1,960円に決定)
ブックビルディング期間6月13日から6月17日まで
公募価格決定日6月20日(1,960円に決定)
公募0株
売出し26,700,000株
OA4,000,000株
吸収金額601.7億円
想定価格1,960円

コメダホールディングスIPOの事業内容

コメダホールディングスは、ユニークな店舗設計とFC運営システム等の強みにより、外食市場で独自のポジションを確立し、FC加盟店を中心に全国でフルサービス型の喫茶店「喫茶所 コメダ喫茶店」と「甘味喫茶 おかげ庵」を運営しています。

ちなみに、フルサービス型とは、店員が席への案内、おしぼりやお水の提供、オーダーから商品の提供までを行うことだそうです。セルフサービス型の店舗が増えている中、フルサービス型にこだわっている点はユーザーとして嬉しいですね。

コメダホールディングスIPOの業績

コメダホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

コメダホールディングスIPOの業績は特に問題なく順調そうですね。

コメダホールディングスのIPO評価

コメダホールディングスIPOの強みは、何と言っても知名度の高さだと思います。「コメダ喫茶」に親しみを抱いている方は、それだけで食指が動く可能性があります。

また、コメダホールディングスIPOは、既に株主優待(年間2,400円分)が発表されているのも好材料です。

ただ、コメダホールディングスIPOは吸収金額が601.7億円(想定価格ベース)と大きく、公募株0で売出株のみという点はIPO的にマイナス要因です。さらに、ソラストIPOとの同時上場となるため、資金の分散も懸念されます。

よって、コメダホールディングスのIPO評価はDが妥当だと考えています。コメダホールディングスIPOは、知名度の高さから一定の人気を得るとは思いますが、規模の大きさや売出株のみという点から、公開価格近辺での初値形成になるのではと予想しています。

コメダホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

コメダホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンスは、今のところ検討中ですが、お祭りに参加するくらいの気持ちで、ある程度は申し込むつもりです。

特に、SBI証券はIPO抽選に外れもポイントが貰えるので必ず参加します。また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事を務めていることから、カブドットコム証券が穴場になるかもしれません。

ただ、コメダホールディングスIPOは、それほど大きな利益は望めず、公開価格を割れる可能性もあるので、その点は注意が必要です。

コメダホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB検討中
みずほ証券 BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB検討中
カブドットコム証券 BB検討中

↓2016年のIPOでも数多くの主幹事を務めているSMBC日興証券↓

SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説

↓落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券↓

SBI証券のIPOルールと詳細解説

↓IPO抽選組に大人気のマネックス証券↓

マネックス証券のIPOルールと詳細解説

↓コメダ喫茶IPOで穴場になりそうなカブドットコム証券↓

カブドットコム証券のIPOルールと詳細解説


にほんブログ村

コメダホールディングスIPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ