幸和製作所(7807)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の11月10日から開始されます。幸和製作所IPOは、ポエックIPOクックビズIPOとの3社同時上場ですが、規模が小さめなので、資金分散の影響も小さいと思います。

幸和製作所IPOは、やや地味なジャスダックIPOなので、初値高騰とまではいかないと思いますが、それでも値がさなので十分な利益が得られそうですね。

幸和製作所

幸和製作所(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名幸和製作所
コード7807
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
大和証券
野村證券
SBI証券
いちよし証券
岡三証券
エース証券
岡三オンライン証券
上場日11月28日
仮条件決定日11月9日(3,220円~3,520円に決定)
ブックビルディング期間11月10日から11月16日まで
公開価格決定日11月17日(3,520円に決定)
申込期間11月20日から11月24日まで
公募150,000株
売出し108,200株
OA38,700株
吸収金額9.6億円
想定価格3,220円
初値価格初値決定後に追記

幸和製作所IPOの事業内容

幸和製作所は、シルバーカーや歩行車及び杖などの歩行補助を目的とした福祉用具を中心に、入浴用品、排泄用品、ライフサポート用品等の介護用品も取扱っています。

また、幸和製作所は平成19年に自社ブランド「TacaoF(テイコブ)」を立ち上げ、福祉用具を総合的に展開しています。

さらに、幸和製作所は日本で初めて介護ロボットとして、介護保険のレンタル対象商品に認定された電動アシスト機能付歩行車「リトルキーパス」の販売も行っています。

幸和製作所IPOの業績

幸和製作所の業績

(※画像クリックで拡大)

幸和製作所IPOの業績は順調に推移していて、今後の成長も期待出来そうです。

幸和製作所のIPO評価

幸和製作所IPOは、それほど規模(吸収金額9.6億円)が大きくないので、3社同時上場でも資金分散の影響は限定的だと思います。

また、幸和製作所IPOの事業内容は地味ですが、福祉介護ロボットというテーマ性で注目されそうです。

よって、幸和製作所のIPO評価は、Bが妥当だと考えています。幸和製作所IPOは、公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

幸和製作所IPOのその他情報はこちら

幸和製作所IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

幸和製作所IPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨む予定です。主幹事のSMBC日興証券は、昨年まで毎年IPOに当選しているので、そろそろ当選しても良い頃だと期待しています。

その他では、このところIPOの取扱銘柄数が急増中の岡三オンライン証券に注目しています。

幸和製作所IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
大和証券 BB参加
野村證券 BB参加
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岡三証券 BB参加
エース証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ