串カツ田中(3547)IPOの新規上場が承認されました。串カツ田中IPOは、9月14日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

9月14日は、串カツ田中(3547)IPO、カナミックネットワーク(3939)IPO、デジタルアイデンティティ(6533)IPOの3社同時上場なので、忙しい一日になりそうですね。

串カツ田中

串カツ田中(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名串カツ田中
コード3547
主幹事証券大和証券
幹事証券SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
SMBCフレンド証券
SMBC日興証券
丸三証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
楽天証券
上場日9月14日
仮条件決定日8月29日(3,610円~3,900円に決定)
ブックビルディング期間8月30日から9月5日まで
公開価格決定日9月6日(3,900円に決定)
申込期間9月7日から9月12日まで
公募250,000株
売出し112,500株
OA54,300株
吸収金額15億円
想定価格3,610円

串カツ田中IPOの概要

串カツ田中IPOは、その名の通り串カツ居酒屋「串カツ田中」の直営及びFC運営を行っています。また、串カツ田中は28年7月時点で120店舗を展開しており、今後もますます店舗が増えそうです。

ちなみに、串カツ田中は「串カツ田中の串カツで、一人でも多くの笑顔を生むことにより、社会貢献する。」ことを企業理念に掲げています。

串カツ田中IPOは、吸収金額が15億円(想定価格ベース)と、同時上場する他の2社と比べてやや大きめです。

また、串カツ田中は想定価格が3,610円と高く、業種自体もIPO的には人気になりにくいので、同時上場する3社の中では一番厳しいかもしれません。

串カツ田中IPOの幹事団には、IPO取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券が名を連ねています。⇒(SBI証券のIPOルール


↑SBI証券の公式サイト↑

また、2016年も数多くのIPO銘柄で主幹事や幹事を務めているSMBC日興証券も幹事団入りしています。⇒(SMBC日興証券のIPOルール


↑SMBC日興証券の公式サイト↑

その他、マネックス証券岩井コスモ証券など、IPO抽選組に人気の証券会社が軒並み幹事団入りしています。(※丸三証券はネット申込み不可です)

IPOにオススメの証券会社

串カツ田中IPOの初値予想

串カツ田中IPOの初値予想は、仮条件決定後(8月29日以降)に追記させていただきます。

4,800円⇒4,400円 (公開価格比:+500円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,500円~5,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,300円~4,700円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:4,500円)


にほんブログ村

串カツ田中IPOのその情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ