串カツ田中(3547)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の8月30日(9月5日まで)から開始されます。

串カツ田中は、関東圏を中心に120店舗(関東圏は103店舗)を展開しており、知名度の高さから注目されているIPO銘柄です。

串カツ田中

串カツ田中(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名串カツ田中
コード3547
主幹事証券大和証券
幹事証券SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
SMBCフレンド証券
SMBC日興証券
丸三証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
楽天証券
上場日9月14日
仮条件決定日8月29日(3,610円~3,900円に決定)
ブックビルディング期間8月30日から9月5日まで
公開価格決定日9月6日(3,900円に決定)
申込期間9月7日から9月12日まで
公募250,000株
売出し112,500株
OA54,300株
吸収金額15億円
想定価格3,610円


↑串カツ田中IPOの幹事を務めるSBI証券↑

串カツ田中IPOの事業内容

串カツ田中は、大阪の伝統的なB級グルメである「串カツ」を、日本を代表する食文化とすることを目指しながら、全国規模で飲食業を展開している企業です。

串カツ田中は、串カツのルールである「ソースの二度づけ禁止」をはじめ、大阪伝統の味や大阪の食文化を提供しながら、お客様に永く愛される店作りを目指しています。

串カツ田中は、全国1,000店体制の構築を目標としているので、今後も事業の拡大が見込めそうですね。

串カツ田中IPOの業績

串カツ田中の業績

(※画像クリックで拡大)

串カツ田中IPOの業績は堅調に推移しており、2016年11月期も増収増益の見通しなので、特に問題無さそうです。

串カツ田中のIPOを評価

串カツ田中IPOは、吸収金額が15億円(想定価格ベース)とそこそこの規模ですが、想定価格が3,610円と高めなので、当選枚数はそれほど多くありません。

ただ、串カツ田中IPOは、カナミックネットワークIPOデジタルアイデンティティIPOとの同時上場で、その中では一番評価が低そうです。

なので、串カツ田中IPOは3社同時上場による資金分散と、外食関連はIPO的に人気化しずらい点が懸念材料です。しかし、既に株主優待が設定されていることはプラス要素ですね。⇒(串カツ田中IPOは株主優待を設定済み

よって、串カツ田中のIPO評価はBが妥当だと考えています。串カツ田中IPOは、同時上場するカナミックネットワークIPOデジタルアイデンティティIPOの動向に左右されそうですが、公開価格を上回る可能性は高く、最低でも数万円の利益は得られると思います。


にほんブログ村

串カツ田中IPOのその他情報はこちら

串カツ田中IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

串カツ田中IPOのBB(ブックビルディング)は、同時上場による資金の兼ね合いもありますが、基本的に全力で臨むつもりです。

主幹事の大和証券は当然ながら、平幹事の中で一番配分数が多くなりそうなSBI証券と、毎年何らかのIPOに当選しているSMBC日興証券には期待しています。


↑SMBC日興証券の公式サイト↑

また、資金に余裕があれば、1人1票制で100%完全抽選のマネックス証券と、IPO後期型の口座数も少なめの岩井コスモ証券も漏らさず申し込みたいところです。

串カツ田中IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
SMBCフレンド証券 口座無し
SMBC日興証券 BB参加
丸三証券 ネット申込み不可
マネックス証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加


↑マネックス証券の公式サイト↑

10月は、超大型なJR九州IPOの新規上場が予定されているので、今のうちに証券口座を増やしておくことをオススメします。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ