串カツ田中(3547)IPOの仮条件が発表されました。串カツ田中IPOは、同時上場するカナミックネットワークIPOデジタルアイデンティティIPOと比べて、少々分が悪そうですが、それでも面白い存在にはなりそうです。

串カツ田中

串カツ田中IPOの関連記事

串カツ田中のBBスタンスとIPO評価

串カツ田中IPOは株主優待を設定済み

串カツ田中IPOの新規上場を承認

串カツ田中IPOの仮条件

3,610円~3,900円

串カツ田中IPOの仮条件は、想定価格3,610円を下限とした強気の設定になっています。串カツ田中IPOは、想定価格自体が値がさだったため、ここまで仮条件を上げてきたのは意外でした。

強気の仮条件は人気の証と言えますが、ますます値がさになってしまったので、少し悩ましい状況になってしまいましたね。


↑串カツ田中IPOの幹事を務めるSBI証券↑

串カツ田中IPOの初値予想

4,800円⇒4,400円 (公開価格比:+500円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,500円~5,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,300円~4,700円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:4,500円)

串カツ田中IPOは、知名度が高くて業績も良く、株主優待(3,000円相当のお食事券)も設定されていることから、公開価格をしっかりと上回る初値が付くと予想しています。

ただし、同時上場するカナミックネットワークIPOデジタルアイデンティティIPOに人気が集まりそうなので、串カツ田中IPOが一番資金分散の影響を受けそうです。

しかし、同時上場する2社が初日値付かずの気配になった場合、一転して串カツ田中IPOに資金が流れ込む可能性もありますので、2社の動向が初値形成に影響を与えそうですね。


にほんブログ村

串カツ田中IPOのその他初値予想はこちら

串カツ田中IPOの幹事団

串カツ田中IPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
SMBCフレンド証券
SMBC日興証券
丸三証券
マネックス証券
岩井コスモ証券

串カツ田中IPOで当選を目指すには、主幹事の大和証券はもとより、IPOの取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券と、SMBC日興証券も押さえておきたいところです。


↑SMBC日興証券の公式サイト↑

また、資金に余裕があれば、100%完全抽選のマネックス証券と、IPO後期型で口座数が少なめの岩井コスモ証券も申し込んでおきたいところです。


↑マネックス証券の公式サイト↑

IPOは、年末に向けてますます盛り上がると思いますので、今のうちに証券口座を増やして、IPOをゲットしましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ