串カツ田中(3547)IPOの幹事証券会社ごとの割当数が決まっています。9月14日に同時上場する3銘柄の人気度は、今のところカナミックネットワークIPOデジタルアイデンティティIPO>串カツ田中IPOの順ですね。

串カツ田中

同時上場なので資金繰りが大変ですが、串カツ田中IPOもある程度利益の得られそうな銘柄なので、各証券会社の割当数を参考にしながら、効率良くBB(ブックビルディング)して、当選を目指しましょう。

串カツ田中IPOの割当数
幹事証券会社 割当数 割当比率 優先度
大和証券 (主幹事) 317,500株 87.59% A
SBI証券 10,800株 2.98% B
みずほ証券 7,200株 1.99%
いちよし証券 7,200株 1.99%
SMBCフレンド証券 5,400株 1.49%
SMBC日興証券 3,600株 0.99%
丸三証券 3,600株 0.99%
マネックス証券 3,600株 0.99% C
岩井コスモ証券 3,600株 0.99%
合計 362,500株 100%


にほんブログ村

串カツ田中IPOのその他情報はこちら

串カツ田中は、IPO的に人気化しづらい外食小売業ですが、知名度抜群で株主優待も決まっているので、前向きにBB(ブックビルディング)しても良い銘柄だと思います。

他のIPO銘柄とBB(ブックビルディング)期間が重なっていますが、割当数の87.59%を占める主幹事の大和証券と、平幹事で一番配分数の多そうなSBI証券は必ず申し込みたいところです。

また、100%完全抽選のマネックス証券も若干期待度が高いので、資金の余裕があれば押さえておきたいですね。


↑マネックス証券の公式サイト↑

IPOは、地道にBB(ブックビルディング)し続けることが当選する秘訣なので、出来るだけ多くの証券口座を開設して、IPOをゲットしましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ