LINE(3938)IPOの新規上場が遂に承認されました。LINE(3938)IPOは、7月15日に新規上場する予定ですが、今のところ東証一部か二部かは未定になっています。とは言っても、これだけの大型IPOなので、東証一部でほぼ決まりだと思います。

また、LINE(3938)IPOは、現地時間2016年7月14日にニューヨーク証券取引所へも新規上場する予定になっています。

LINE

LINE(東証未定IPO)のIPO基本情報

銘柄名LINE
コード3938
主幹事証券野村証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
ゴールドマン・サックス証券
JPモルガン証券
幹事証券みずほ証券
大和証券
SMBC日興証券
SBI証券
東海東京証券
マネックス証券
カブドットコム証券
上場日7月15日
仮条件決定日6月27日→6月28日に変更
(2,700円~3,200円→2,900円~3,300円に変更)
ブックビルディング期間6月28日→6月29日から7月8日まで
公開価格決定日7月11日(3,300円に決定)
申込期間7月12日から7月13日
公募35,000,000株
(国内13,000,000株、海外22,000,000株)
売出し0株
OA5,250,000株
(国内1,950,000株、海外3,300,000株)
吸収金額1127億円
(国内418.6億円、海外708.4億円)
想定価格2,800円

LINEのIPO概要

LINEは、モバイルメッセージャー・アプリケーション「LINE」によるコミュニケーション、コンテンツ、広告等のサービスを提供するLINEビジネス・ポータル事業を手掛けています。

LINEは、すでに多くの方が利用しているサービスなので詳しい説明は不要ですね。LINEの知名度はダントツなので、7月のIPOは大きな盛り上がりを見せそうです。

LINEは、吸収金額1127億円(想定価格ベース)と超大型IPOなので、当選のチャンスも拡がりそうです。ただ、国内は吸収金額418.6億円(想定価格ベース)なので、思っていたよりは規模が小さい印象です。

主幹事の野村証券はもとより、幹事証券には大手証券会社がズラッと名を連ねています。

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしていることから、カブドットコム証券が委託幹事入りした場合は、穴場になる可能性が高いですね。

LINE(3938)IPOの幹事団には、数多くのIPO銘柄で主幹事や幹事を務めているSMBC日興証券、IPO取扱銘柄数トップクラスのSBI証券、IPOの配分は100%完全抽選のマネックス証券が名を連ねています。


SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説


SBI証券のIPOルールと詳細解説


マネックス証券のIPOルールと詳細解説

LINEのIPO初値予想

LINEのIPO初値予想は、仮条件決定後(6月28日以降)に追記させていただきます。

3,400円→4,100円 (公開価格比:+800円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,900円~3,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,200円~3,700円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:3,300円~3,800円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:4,000円)


にほんブログ村

LINE(3938)IPOのその情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPO証券会社ランキング