通常は、仮条件決定後と上場日前日に初値予想をアップしていたのですが、LINE(3938)IPOは、BB(ブックビルディング)期間中に仮条件変更という異例の事態が起きたため、すでにアップしていた初値予想を修正することにしました。

LINE

LINE(ライン)IPOの過去記事

LINE(ライン)IPOの人気度は?証券会社の受付NOから推測!

LINE(ライン)IPOがBB期間中に仮条件を変更!

LINE(ライン)IPOのBBスタンスとIPO評価

LINE(ライン)IPOの仮条件

2,900円~3,300円

LINE(ライン)IPOの仮条件は、想定価格2,800円から上振れした価格帯に変更されています。仮条件がBB(ブックビルディング)期間中に変更されるだけでも異例なのに、この超強気な設定には困惑気味です。

仮条件がこれだけ強気ということは、それだけ需給状況が良いからでしょうが、さすがに高すぎる感もあって、水を差された印象です。

LINE(ライン)IPOの初値予想(修正版)

3,400円 (公開価格比:+600円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,900円~3,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,200円~3,700円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:3,300円~3,800円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:4,000円)

LINE(ライン)IPOの初値予想は、すでにアップしていた3,300円から3,400円に上方修正したいと思います。LINE(ライン)IPOは、公開価格が仮条件の上限(3,300円)で決まった場合、公開価格をわずかに上回ったところで初値形成すると予想しています。

しかし、LINE(ライン)IPOは規模の大きさ(想定価格ベースで418.6億円)、日米同時上場、度重なる変更(日程や仮条件など)等々、色々な懸念材料もあることから、公開価格を割れる可能性も高まったと感じています。

よって、LINE(ライン)IPOに申し込む場合は、それなりのリスクも考慮して参加する必要があると思います。


にほんブログ村

LINE(ライン)IPOのその他初値予想はこちら

LINE(ライン)IPOの幹事団

LINE(ライン)IPOの幹事団
主幹事証券 野村証券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
ゴールドマン・サックス証券
JPモルガン証券
幹事証券 みずほ証券
大和証券
SMBC日興証券
SBI証券
東海東京証券
マネックス証券
カブドットコム証券

LINE(ライン)IPOで主幹事を務める野村証券は、BB(ブックビルディング)の締め切りが一日早い(7日まで)のでご注意下さい。

また、LINE(ライン)IPOは、BB(ブックビルディング)期間中に仮条件が変更されたため、その前にBB(ブックビルディング)していた方は、抽選対象になっているか今一度ご確認することをオススメします。


↑SMBC日興証券の公式サイト↑


↑SBI証券の公式サイト↑


↑マネックス証券の公式サイト↑

IPO当選の秘訣は、数多くの証券会社から申し込むことなので、まだ持っていない証券会社の口座は、早めに開設しておくことをオススメします。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ