LINE(3938)IPOの抽選結果と公開価格が発表されました。LINE(ライン)IPOの公開価格は、仮条件(2,900円~3,300円)の上限に当たる3,300円で決定しています。

また、LINE(ライン)IPOの市場区分は、予想通り東証一部市場に決まっています。

そして、私のLINE(ライン)IPOの抽選結果は以下の通りになっています。


LINE(ライン)IPOの抽選結果(野村証券

LINE(野村証券)

(※画像クリックで拡大)

主幹事の野村証券は、見事に当選となりました。野村証券のIPOは、ホームトレードかネット&コールのいずれかから申し込むことが出来ますが、私はネット&コールの方が相性が良いので、LINE(ライン)IPOもネット&コールに申し込みました。⇒野村証券のIPOルールと詳細解説


LINE(ライン)IPOの抽選結果(マネックス証券

LINE(マネックス証券)

(※画像クリックで拡大)

マネックス証券は、コメダホールディングスIPOに続いて、今年二度目の当選です。LINE(ライン)とコメダホールディングスは、どちらも規模が大きくて、わりと当選しやすいIPOではありましたが、それでもやっぱり当選すれば嬉しいですね。

マネックス証券のIPOは100%完全抽選なので、私のようなIPOビギナーでも平等に当選のチャンスが貰えて有り難いです。⇒マネックス証券のIPOルール


この他、相性の良いSMBC日興証券も期待していたのですが、今回は補欠=落選という定番コースでした。また、主幹事の三菱モルガンスタンレー証券と東海東京証券も落選です。


にほんブログ村

LINE(ライン)IPOのその他当選結果はこちら

LINE(ライン)IPOの抽選結果は、まだ出揃っていませんが、とりあえず複数当選できたので大満足です。にほんブログ村にも続々と当選報告がアップされていますね。

ちなみに、LINE(ライン)IPOの購入申込期間は非常に短いので、当選された方は必ず購入申込期間を確認して、購入し忘れないように気をつけて下さい。⇒(LINE(ライン)IPOは超短い購入申込期間に注意!


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

LINE(ライン)のような大型のIPOは、私のように数多くの証券会社から申し込むことで複数当選することも可能です。私が利用している証券会社をランキング形式でご紹介していますので、参考にしてみて下さい。

IPO証券会社ランキング