ロードスターキャピタル(3482)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の月曜日(9月11日)からスタートします。

ロードスターキャピタルIPOは、一口一万円から投資出来る不動産特化型クラウドファンディング「OwnersBook(オーナーズブック)」を運営している企業として注目されています。

ロードスターキャピタル

ロードスターキャピタル(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ロードスターキャピタル
コード3482
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
松井証券
岡三証券
岩井コスモ証券
エース証券
丸三証券
岡三オンライン証券
楽天証券
上場日9月28日
仮条件決定日9月8日(1,640円~1,820円に決定)
ブックビルディング期間9月11日から9月15日まで
公開価格決定日9月19日(1,820円に決定)
申込期間9月20日から9月25日まで
公募740,000株
売出し360,000株
OA165,000株
吸収金額23億円
想定価格1,820円
初値価格2,501円

ロードスターキャピタルIPOの事業内容

ロードスターキャピタルは、中規模オフィスビル等への不動産投資不動産賃貸不動産特化型クラウドファンディングサービス等を展開しています。

不動産投資事業では、本来の適正価格よりも割安となっているオフィスビル等を取得し、リノベーションや稼働率の向上などのマネジメントを行うことで付加価値を高め、最適な時期に売却することで利益を得ています。

不動産賃貸業では、テナントのニーズをくみ取りながら、中長期にわたって高稼働率の維持に努め、安定収益の確保を図っています。

クラウドファンディング事業では、一口一万円からの資金で投資を始めることを可能にした新しい資産運用サービス「OwnersBook(オーナーズブック)」を運営しています。

さらに、ロードスターキャピタルはAI(人工知能)によるオフィス価値査定プログラムを開発し、不動産仲介会社向けにオフィス価値査定サービス「AI-Checker」を提供しています。

ロードスターキャピタルIPOの業績

ロードスターキャピタルの業績

(※画像クリックで拡大)

ロードスターキャピタルの業績は急激に伸びていて、2017年12月の業績も増収増益の見通しになっています。

ロードスターキャピタルのIPO評価

ロードスターキャピタルが運営している不動産特化型クラウドファンディング「OwnersBook(オーナーズブック)」は成長性があり、AI(人工知能)というテーマ性でも関心を集めそうです。

ただ、ロードスターキャピタルはやや規模(吸収金額23億円)が大きいため、初値高騰とまではいかないと思います。

よって、ロードスターキャピタルのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ロードスターキャピタルIPOは、規模の大きさが気になりますが、業績好調で今後の成長も見込めるため、公開価格をしっかりと上回る初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ロードスターキャピタルIPOのその他情報はこちら

ロードスターキャピタルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ロードスターキャピタルIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で臨む予定です。

ロードスターキャピタルIPOは、主幹事のみずほ証券をはじめ、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券など、ネットから申し込める証券会社が揃っているので、幅広く申し込んで少しでも当選確率をアップさせたいと考えています。

ロードスターキャピタルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
松井証券 BB参加
岡三証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
エース証券 口座なし
丸三証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ