ロコンド(3558)IPOの配分数(割当数)が決定しています。ロコンドIPOは、仮条件(1,660円~1,850円)が予想外に上振れたため、にほんブログ村などでも色々な推測がアップされていますね。

ただ、ロコンドIPOは仮条件が上振れたにも係わらず、慎重な意見が目立つので、厳しい状況に変わりなさそうです。

ロコンド

ロコンドIPOは、強気な仮条件になっているので、公開価格が仮条件の上限で決まるか見物ですね。

ロコンドIPOの配分数(割当数)

ロコンドIPOのBB(ブックビルディング)は、2月23日までになっています(証券会社によって締切日時が微妙に異なるので注意して下さい)。

私は、IPOチャレンジポイント狙いでSBI証券にBB(ブックビルディング)する以外は、今のところ見送るつもりです。

もし、これから申し込もうと思っている方は、締切日が迫っているので、各幹事証券の配分数(割当数)を参考にしながら、早めにBB(ブックビルディング)して下さい。

ロコンドIPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
野村証券 (主幹事) 1,387,000株 85% 1,387枚 A
大和証券 78,700株 5% 118枚 C
マネックス証券 39,300株 2.5% 393枚 B
SBI証券 31,500株 2% 142枚 C
SMBC日興証券 15,700株 1% 16枚
みずほ証券 15,700株 1% 16枚
岩井コスモ証券 7,800株 0.5% 8枚
合計 1,575,700株 100% 2,080枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。


にほんブログ村

ロコンドIPOは、規模が大きめで当選枚数も比較的多いので、全力で申し込めば当選出来る可能性は高そうです。

主幹事の野村証券はもとより、平幹事のマネックス証券SBI証券でも当選のチャンスがありそうですね。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング