ロジザード(4391)IPOの新規上場が承認されました。ロジザードIPOは、7月4日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

7月のIPO第一弾はMTGだと思っていましたが、どうやらロジザードになりそうですね。また、ロジザードIPOの主幹事は、MTGと同様に野村證券が務めることになっています。

ロジザード

ロジザード(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ロジザード
コード4391
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
岡三証券
岡三オンライン証券
上場日7月4日
仮条件決定日6月14日(800円~900円に決定)
ブックビルディング期間6月18日から6月22日まで
公開価格決定日6月25日
申込期間6月26日から6月29日まで
公募400,000株
売出し430,000株
OA124,500株
吸収金額7.3億円
時価総額23.6億円
想定価格770円
初値価格初値決定後に追記


ロジザードIPO幹事のSMBC日興証券

ロジザードIPOの概要

ロジザードIPOは、物流と在庫を事業領域として、WMS(倉庫管理システム)を中心としたクラウド在庫管理システム物流業務支援サービスを提供しています。

ちなみに、ロジザードという社名の由来は、Logistic(物流)+Wizard(ウィザード)からきており、「物流」を「魔法」のように革新的に効率化して、業界や社会に貢献したいという思いが込められているそうです。

ロジザードIPOは、規模(吸収金額7.3億円)が小さくて、クラウドというテーマ性もあるため、それなりに人気を集めると思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ロジザードIPOのその他情報はこちら

ロジザードIPOでオススメの幹事証券

主幹事の野村證券だけでなく、IPO抽選組に人気のSMBC日興証券SBI証券も要チェックです。


SMBC日興証券のIPOルール


また、岡三証券が幹事入りしているので、同グループの岡三オンライン証券が委託幹事になる可能性も高そうですね。←正式に決定しました!

ロジザードIPOの初値予想

ロジザードIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月14日以降)に追記させていただきます。

3,000円 (仮条件の上限価格比:+2,100円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,600円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,800円~2,100円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング