エル・ティー・エス(6560)IPOの新規上場が承認されました。エル・ティー・エスIPOは、12月14日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

エル・ティー・エスIPOは、すでに新規上場が承認されているアルヒIPOとの同時上場になります。これで12月12日から14日までの3日間に、8社が新規上場することになってしまいました。

12月のIPOラッシュは例年通りですが、それにしても厳しいスケジュールになってきましたね。

エル・ティー・エス

エル・ティー・エス(東証マザーズIPO)IPOの基本情報

銘柄名エル・ティー・エス
コード6560
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
SMBC日興証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
エース証券
藍澤證券
上場日12月14日
仮条件決定日11月27日(630円~680円に決定)
ブックビルディング期間11月29日から12月5日まで
公開価格決定日12月6日(680円に決定)
申込期間12月7日から12月12日まで
公募500,000株
売出し150,000株
OA97,500株
吸収金額4.7億円
想定価格630円
初値価格2,810円


エル・ティー・エスIPO幹事のマネックス証券

エル・ティー・エスIPOの概要

エル・ティー・エスIPOは、RPA(ロボティクス)AI(人工知能)BPM(ビジネスプロセスマネジメント)を活用し、企業変革と働き方改革を促進支援するプロフェッショナルサービス事業を行っています。

また、エル・ティー・エスIPOは企業のプロフェッショナル人材不足を解消するITマッチングプラットフォーム事業も展開しています。

エル・ティー・エスIPOは、マザーズの小型(吸収金額4.7億円)なIPOで、RPA(ロボティクス)AI(人工知能)というテーマ性もあるため、それなりの人気を集めると思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エル・ティー・エスIPOのその他情報はこちら

注目の幹事証券

エル・ティー・エスIPOの幹事団には、IPO取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券SMBC日興証券が名を連ねています。


SMBC日興証券

また、100%完全抽選なので抽選配分数が比較的多くなる傾向にあるマネックス証券も要チェックです。


マネックス証券

エル・ティー・エスIPOの初値予想

エル・ティー・エスIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月27日以降)に追記させていただきます。

1,900円 (想定価格比:+1,270円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,320円~1,520円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,360円~1,560円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング