Mマート(4380)IPOの仮条件が決定しました。MマートIPOは、世紀が上場中止になったことにより、今年最初のIPO(リート除く)となったため、期待度も高まっているようです。

年初一発目のIPOは、初値が高騰する傾向にあるので、MマートIPOもかなり期待できそうですね。

Mマート

MマートIPOの関連記事

MマートIPOのBBスタンスとIPO評価!マザーズの小型IPO!

MマートIPOの新規上場を承認!みずほ主幹事のマザーズIPO!

MマートIPOの仮条件

1,140円~1,240円

MマートIPOの仮条件は、想定価格の1,190円を中間に挟んだレンジで設定されています。MマートIPOは、今年最初のIPOなので、もう少し強気の仮条件になるかと思いましたが、いたってノーマルな仮条件になっています。

ちなみに、MマートIPOの公開価格が仮条件の上限(1,240円)で決まると、吸収金額は8億円から8.4億円にアップしますが、小型なことに変わりありませんね。


当サイトでタイアップキャンペーンを実施中!

MマートIPOの初値予想

4,340円 (想定価格比:+3,150円)

(※大手予想会社の初値予想:2,600円~3,000円)

MマートIPOは、今年のIPO第一弾で規模(吸収金額8億円)も小さく、日程にも恵まれているため、需給面だけでもかなりの人気を集めると思います。

また、MマートIPOは業績好調なネット関連企業という点でも注目されると思うので、初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

MマートIPOのその他初値予想はこちら

MマートIPOの幹事団

MマートIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 大和証券
SMBC日興証券
岡三証券
マネックス証券
SBI証券
岡三オンライン証券

主幹事のみずほ証券を中心に、今年のIPOで数多く主幹事を務めているSMBC日興証券、100%完全抽選で誰にでも平等に当選のチャンスがあるマネックス証券、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券、前受金不要の岡三オンライン証券など、出来るだけ多くの証券会社に申込んで、今年最初のIPOをゲットしたいですね。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社