日本モーゲージサービス(7192)IPOの仮条件が決まっています。日本モーゲージサービスIPOは、単独上場ならもっと評価されそうですが、ZMP(7316)IPOとの同時上場なので、少しもったいないですね。

ただ、上場日はZMP(7316)IPOが大いに盛り上げてくれると思うので、その勢いに乗れれば意外と健闘するかもしれません。

日本モーゲージサービス

日本モーゲージサービスIPOの関連記事

日本モーゲージサービスIPOのBBスタンスとIPO評価

日本モーゲージサービスIPOの新規上場を承認

日本モーゲージサービスIPOの仮条件

1,810円~2,010円

日本モーゲージサービスIPOの仮条件は、想定価格(2,010円)を上限に下方へ拡げた設定になっています。

もう少し強めの仮条件になると予想していましたが、公開価格が仮条件の上限で決まれば、特に問題は無いですね。


SMBC日興証券の公式サイト

日本モーゲージサービスIPOの初値予想

2,450円 (想定価格比:+440円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,200円~2,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,200円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:2,700円~3,000円)

日本モーゲージサービスIPOは、ZMP(7316)IPOとの同時上場による資金分散とVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が懸念材料です。

ただ、規模(吸収金額8.5億円)がそこそこ小さくて、当選枚数も少なめなので、公開価格をしっかりと上回りそうです。

また、初値が伸びた場合は、VC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される、公開価格の1.5倍(想定価格換算で3,015円)が目安になりそうですね。


にほんブログ村

日本モーゲージサービスIPOのその他初値予想はこちら

日本モーゲージサービスIPOの幹事団

日本モーゲージサービスIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
SMBCフレンド証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券

日本モーゲージサービスIPOの主幹事はみずほ証券です。平幹事には、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券と、IPO幹事の常連組が顔を揃えていますね。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社