マクロミル(3978)IPOの新規上場(再上場)が承認されました。マクロミルは2014年4月に上場廃止(東証1部)になっていましたが、かねてから噂になっていた通りに再上場が決定しましたね。⇒(ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとマクロミルが年内に再上場か!?

マクロミルIPOは、3月22日に東証1部又は2部へ新規上場(再上場)する予定になっています。マクロミルは大型IPOなので、スケジュールに余裕を持たせているようですが、ピーバンドットコムIPOから大分間隔が空いているのが気になります。

もし、この間に他のIPO新規上場が無いとなると、3月下旬はかなりの過密スケジュールになりそうです。

アンケートモニター登録

マクロミル(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名マクロミル
コード3978
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
メリルリンチ日本証券
みずほ証券
幹事証券SMBC日興証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日3月22日
仮条件決定日3月5日(1,900円~2,100円に決定)
ブックビルディング期間3月6日から3月10日まで
公開価格決定日3月13日(1,950円に決定)
申込期間3月14日から3月17日まで
公募487,800株
売出し25,017,200株
(国内:15,722,200株
海外:9,295,000株)
OA1,818,500株
吸収金額560億円
想定価格2,050円
初値価格1,867円


マクロミルIPO幹事のSMBC日興証券

マクロミルIPOの概要

マクロミルIPOは、オンラインを中心としたマーケティング・リサーチ及びデジタル・マーケティング・ソリューションを提供している企業です。

マクロミルが運営している「マクロミルモニタサイト」は、ネットユーザの間では認知度が高いと思います。

マクロミルIPOは、吸収金額が想定価格ベースで560億円(国内約285.9億円)なので、今年最大の規模です。マクロミルIPOは、知名度が高くて注目されそうですが、再上場案件で規模が大きく売出株も多いため、慎重に判断したいと思います。


にほんブログ村

マクロミルIPOのその他情報はこちら

マクロミルIPOの主幹事には、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が名を連ねているので、カブドットコム証券が委託幹事入りする可能性が高そうです。⇒委託幹事入りが正式に決定しました!


カブドットコム証券の公式サイト

また、IPOの取扱銘柄数でトップを競い合っているSMBC日興証券と、SBI証券が今回も幹事団入りしています。


SMBC日興証券の公式サイト


SBI証券の公式サイト

マクロミルIPOの初値予想

マクロミルIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月5日以降)に追記させていただきます。

1,950円⇒1,900円 (公開価格比:-50円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,100円~2,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,950円~2,150円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPO投資では、申し込める証券会社が多いほど有利なので、今のうちに新たな証券口座を開設して、IPO当選を目指しましょう。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング