マクロミル(3978)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(3月6日)からスタートします。マクロミルIPOは、日本のオンライン・マーケティング・リサーチ市場でNO.1の市場シェアを占めいているので、知名度や注目度は高いと思います。

しかし、マクロミルIPOはスシローグローバルホールディングスIPOに次いで規模が大きいうえに、再上場ということも考えると、やはり腰が引けてしまいます。にほんブログ村でも、消極的な意見が目立ちますね。

ただ、私は以前からマクロミルを利用していて愛着があるので、個人的には応援しています。

アンケートモニター登録

マクロミル(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名マクロミル
コード3978
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
メリルリンチ日本証券
みずほ証券
幹事証券SMBC日興証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日3月22日
仮条件決定日3月5日(1,900円~2,100円に決定)
ブックビルディング期間3月6日から3月10日まで
公開価格決定日3月13日(1,950円に決定)
申込期間3月14日から3月17日まで
公募487,800株
売出し25,017,200株
(国内:15,722,200株
海外:9,295,000株)
OA1,818,500株
吸収金額560億円
想定価格2,050円
初値価格1,867円


マクロミルIPO幹事のSMBC日興証券

マクロミルIPOの事業内容

マクロミルは、独自開発した自動インターネット・リサーチ・システム(AIRs)を利用することによるオンライン・マーケティング・リサーチ、定性調査、データベース提供、デジタル・マーケティングを主なサービスとして事業展開している企業です。

また、マクロミルは、日本、欧州、米国、アジア等の世界13ヶ国においても、グローバルにマーケティング・リサーチ・ソリューションを提供しています。

私も利用しているマクロミルモニタは、2017年2月1日現在で1,183,240人もの登録者がいるので、ネットユーザーの認知度は高さそうです。

マクロミルIPOの業績

マクロミルの業績

(※画像クリックで拡大)

マクロミルIPOの業績は、やや伸び悩んでいる印象です。ただ、2017年6月期は、前期比で増収増益の見通しになっています。

マクロミルのIPO評価

マクロミルは、超大型(吸収金額560億円:国内約285.9億円)、再上場案件、売出株の多さと、不人気要素が満載です。

また、マクロミルはエスキュービズムIPOフルテックIPOとの3社同時上場で、前日に上場するインターネットインフィニティーIPOが初日値付かずになると、4社同時上場となるため、資金分散の影響も大きそうです。

よって、マクロミルのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。マクロミルIPOは、公開価格を少しでも上回れれば上出来で、公開価格割れのリスクも頭に入れておく必要があると思います。


にほんブログ村

マクロミルIPOのその他情報はこちら

マクロミルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

マクロミルIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。マクロミルIPOは、3月に新規上場する銘柄の中でもリスクが高めなので、あえて参加する必要なないと思います。

大型だけに当選枚数も多く、参加すれば当選する可能性も高そうですが、当選欲しさに参加するのは危険ですね。

ただ、SBI証券だけは、IPOチャレンジポイント狙いで参加する予定です。

ユー・エム・シー・エレクトロニクスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 (主幹事) BB不参加
メリルリンチ日本証券 (主幹事) 口座なし
みずほ証券 (主幹事) BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
カブドットコム証券 BB不参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社