マリモ地方創生リート投資法人(3470)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の13日から(20日まで)開始されます。

マリモ地方創生リート投資法人は、REIT(リート)IPOなので通常のIPOとは異なり、派手な値動きはありませんが、堅調な初値を期待したいですね。

マリモ地方創生リート投資法人

マリモ地方創生リート投資法人(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名マリモ地方創生リート投資法人
コード3470
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券みずほ証券
野村証券
上場日7月29日
仮条件決定日7月12日(92,000円~100,000円に決定)
ブックビルディング期間7月13日から7月20日まで
公開価格決定日7月21日(92,000円に決定)
申込期間7月22日から7月27日まで
公募88,500口
売出し0口
OA8,850口
吸収金額97.3億円
想定価格100,000円

マリモ地方創生リート投資法人(東証リートIPO)の事業内容

マリモ地方創生リート投資法人IPOは、「地方の創生(地方から日本を強くしていく)」に貢献することを基本理念として掲げています。

そして、マリモ地方創生リート投資法人IPOは、地方を中心としたレジデンス、商業施設、ホテル、オフィス及び駐車場に投資し、地域・用途分散を図った総合型ポートフォリオを構築することにより、「収益性」と「安定性」の確保を目指しています。

マリモ地方創生リート投資法人のポートフォリオ

(※画像クリックで拡大)

マリモ地方創生リート投資法人IPOの鑑定NOI利回りは、6.93%と高くて一際目を引きますね。ちなみに、NOI(Net Operating Income)利回りとは、不動産の収益率を示す指標で、数値が高いほど収益率も高いということになります。

マリモ地方創生リート投資法人(東証リートIPO)のIPO評価

マリモ地方創生リート投資法人は、吸収金額97.3億円(想定価格ベース)とREIT(リート)IPOの中では小さいため、需給面での問題は無さそうです。

ちなみに、今年新規上場したスターアジア不動産投資法人247.7億円ラサールロジポート投資法人1,098.5億円、8月に新規上場する三井不動産ロジスティクスパーク投資法人557億円となっています。

また、リートIPOではありませんが、東証インフラファンド市場の新規上場第一弾だったタカラレーベン・インフラ投資法人47.7億円でした。

ただし、相変わらず不安定な相場が続いているので、その点はマイナス要因として頭に入れておく必要がありそうです。

よって、マリモ地方創生リート投資法人のIPO評価はDが妥当だと考えています。マリモ地方創生リート投資法人IPOは、公開価格を中心に前後5%くらいで初値形成しそうですが、全体的に微妙な印象です。


にほんブログ村

マリモ地方創生リート投資法人IPOのその他情報はこちら

マリモ地方創生リート投資法人(東証リートIPO)のBB(ブックビルディング)スタンス

マリモ地方創生リート投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンスは、今のところ参加するつもりです。

と言っても、ネットからマリモ地方創生リート投資法人IPOに申し込めるのは、主幹事のSMBC日興証券だけなので、1口ならリスクが少ないので参加しても良いかなといった程度です。⇒(SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説

マリモ地方創生リート投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 ネット申込み不可
野村証券 ネット申込み不可


↑ネットからリートIPOにも申し込めるSMBC日興証券↑

7月、8月はIPOの新規上場が少なめなので、今のうちに口座数を増やして、今年後半のIPOラッシュに備えましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ