マツオカコーポレーション(3611)IPOの新規上場が承認されました。マツオカコーポレーションIPOは、12月13日に東証1部又は2部市場へ新規上場する予定になっています。

マツオカコーポレーションIPOは、先ほどご紹介したヴィスコ・テクノロジーズIPO、超大型のSGホールディングス(佐川急便)IPO、昨日新規承認されたグローバル・リンク・マネジメントIPOとの4社同時上場です。

いよいよIPOラッシュが本格化してきましたが、わりと規模の大きい銘柄が多く、スケジュールもかなりタイトなので、銘柄をしっかりと選別していく必要がありそうですね。

マツオカコーポレーション

マツオカコーポレーション(東証1部IPO)IPOの基本情報

銘柄名マツオカコーポレーション
コード3611
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
SMBC日興証券
エース証券
東洋証券
ひろぎん証券
カブドットコム証券
上場日12月13日
仮条件決定日11月24日(2,420円~2,600円
ブックビルディング期間11月27日から12月1日まで
公開価格決定日12月4日(2,600円に決定)
申込期間12月5日から12月8日まで
公募1,195,000株
売出し450,000株
OA246,700株
吸収金額45.8億円
想定価格2,420円
初値価格3,800円


マツオカコーポレーションIPO幹事のSBI証券

マツオカコーポレーションIPOの概要

マツオカコーポレーションIPOは、アパレルメーカーや商社及び量販店からの発注を受け、相手先(委託者)のブランドで衣料品を製造するアパレルOEM事業を展開してます。

また、マツオカコーポレーションIPOは中国、ミャンマー、バングラデシュ、インドネシア、ベトナムの5ケ国で生産を進めており、今後もグローバルな事業拡大を目指しています。

マツオカコーポレーションIPOは4社同時上場で、やや規模(吸収金額45.8億円)も大きいため、資金分散の影響も大きそうです。

しかも、アパレル事業はIPOで人気になりにくいため、現時点ではやや厳しそうな印象ですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

マツオカコーポレーションIPOのその他情報はこちら

注目の幹事証券

マツオカコーポレーションIPOの幹事団には、IPO投資に必須のSBI証券SMBC日興証券が顔を揃えています。


SMBC日興証券

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券も幹事団入りしているので、カブドットコム証券が委託幹事になる可能性も高そうです。⇒正式に決定しました!


カブドットコム証券

マツオカコーポレーションIPOの初値予想

マツオカコーポレーションIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月24日以降)に追記させていただきます。

2,730円⇒3,250円 (効果価格比:+650円)

(※大手予想会社の初値予想:2,700円~3,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング