マツオカコーポレーション(3611)IPOのBB(ブックビルディング)が、週開けの11月27日から始まります。

マツオカコーポレーションIPOは、話題のSGホールディングス(佐川急便)IPOを含み4社同時上場で、規模(吸収金額45.8億円)も大きいため、需給面でやや厳しそうな気配です。

12月中旬からは怒涛のIPOラッシュで、BB(ブックビルディング)期間も重なってくるため、資金繰りに苦労しそうです。

マツオカコーポレーション

マツオカコーポレーション(東証1部IPO)IPOの基本情報

銘柄名マツオカコーポレーション
コード3611
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
SMBC日興証券
エース証券
東洋証券
ひろぎん証券
カブドットコム証券
上場日12月13日
仮条件決定日11月24日(2,420円~2,600円
ブックビルディング期間11月27日から12月1日まで
公開価格決定日12月4日(2,600円に決定)
申込期間12月5日から12月8日まで
公募1,195,000株
売出し450,000株
OA246,700株
吸収金額45.8億円
想定価格2,420円
初値価格3,800円

マツオカコーポレーションIPOの事業内容

マツオカコーポレーションは、「お客様の全てのニーズに応える」を企業ポリシーに掲げ、アパレルOEM事業を展開しています。

アパレルOEM(Original Equipment Manufacturer)とは、アパレルメーカーや商社及び量販店からの発注を受け、相手先(委託者)のブランドで衣料品を製造する事業形態のことを言います。

ちなみに、マツオカコーポレーションは売上の22.4%が東レインターナショナル向け、17.2%がユニクロ向けとなっています。

マツオカコーポレーションIPOの業績

マツオカコーポレーションの業績

(※画像クリックで拡大)

マツオカコーポレーションIPOの業績に大きな問題は無さそうですが、やや頭打ちといった印象を受けます。

マツオカコーポレーションのIPO評価

マツオカコーポレーションは、東証1部か2部かで評価が多少変わると思いますが、いずれにしても4社同時上場なので、規模(吸収金額45.8億円)の大きさが気になります。

また、アパレル事業もIPOで人気化しにくい印象ですが、主要取引先にユニクロが名を連ねている点は評価されそうです。

よって、マツオカコーポレーションのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。マツオカコーポレーションIPOは、東証1部なら何とかなりそうですが、東証2部ならかなり厳しくなると思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

マツオカコーポレーションIPOのその他情報はこちら

マツオカコーポレーションIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

マツオカコーポレーションIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。上場市場が東証1部に決まって、資金にも余裕があれば、多少参加しようかと考えています。

ただし、SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込むつもりです。

マツオカコーポレーションIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) 検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 検討中
SBI証券 BB参加
みずほ証券 検討中
いちよし証券 BB不参加
岩井コスモ証券 BB不参加
エイチ・エス証券 BB不参加
SMBC日興証券 検討中
エース証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱い無し
ひろぎん証券 口座なし
カブドットコム証券 検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ