投資法人みらい(3476)IPOの新規上場が承認されました。投資法人みらいIPOは、12月16日に東証REIT(リート)市場へ新規上場する予定です。

投資法人みらいは、シンシアIPOとの同時上場となります。ただし、投資法人みらいは、REIT(リート)IPOなので、通常のIPOとは異なります。⇒(REIT(リート)IPOとは?

投資法人みらい

投資法人みらい(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名投資法人みらい
コード3476
主幹事証券野村証券
幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
みずほ証券
カブドットコム証券
上場日12月16日
仮条件決定日11月30日(183,000円~185,000円に決定)
ブックビルディング期間12月1日から12月6日まで
公開価格決定日12月7日(183,000円に決定)
申込期間12月8日から12月13日まで
公募293,000口
売出し0口
OA10,000口
吸収金額606億円
想定価格200,000円


ネットからリートIPOにも申し込めるSMBC日興証券

投資法人みらいIPOの概要

投資法人みらいIPOは、オフィス、商業施設、ホテルを上場時のポートフォリオとする総合型REIT(リート)です。

また、投資法人みらいIPOは、日本を代表する総合商社の三井物産グループと、独立系アセットマネジメント会社の株式会社イデラ キャピタルマネジメントが、お互いの強みを生かしながら、幅広いアセットカテゴリーへの投資・運用を通じて、投資主価値の向上を目指しています。

投資法人みらいの規模は、吸収金額606億円(想定価格ベース)とやや大きめです。ただ、最近のREIT(リート)IPOは、スポンサー力が重要視されているので、三井物産グループという点は好材料ですね。


にほんブログ村

投資法人みらいIPOのその他情報はこちら

投資法人みらいIPOにネットから申し込めるのは、今のところSMBC日興証券だけのようです。SMBC日興証券は、通常のIPOで主幹事を務めることも多いので、IPOに必須の証券会社です。


SMBC日興証券のIPOルール

投資法人みらいIPOの初値予想

投資法人みらいIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月30日以降)に追記させていただきます。

183,000円⇒180,000円 (公開価格比:-3,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOでは、出来るだけ多くの証券会社に申し込むことが、IPO当選への近道なので、新たな証券口座を開設して、年末のIPOをゲットしましょう。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング