投資法人みらい(3476)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の12月1日から(12月6日まで)開始されます。

12月後半は、怒涛のIPOラッシュなので、大型なREIT(リート)IPOは、需給面に不安がありますね。また、このところREIT(リート)IPOが不調なこともマイナスに働きそうです。

投資法人みらい

投資法人みらい(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名投資法人みらい
コード3476
主幹事証券野村証券
幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
みずほ証券
カブドットコム証券
上場日12月16日
仮条件決定日11月30日(183,000円~185,000円に決定)
ブックビルディング期間12月1日から12月6日まで
公開価格決定日12月7日(183,000円に決定)
申込期間12月8日から12月13日まで
公募293,000口
売出し0口
OA10,000口
吸収金額606億円
想定価格200,000円


投資法人みらいIPO幹事のSMBC日興証券

投資法人みらいIPOの事業内容

投資法人みらいは、スポンサーである三井物産グループ及びイデラ キャピタルの不動産ビジネスにおける強みを最大限活かし、多様なカテゴリーを投資対象とすることで、投資機会の最大化を図っています。

また、投資法人みらいは、数ある投資機会の中から優良不動産を選別し、三大都市圏を中心に厳選投資することで、優良なポートフォリオの構築を目指しています。

投資法人みらいIPOのポートフォリオ

投資法人みらいのポートフォリオ

(※画像クリックで拡大)

投資法人みらいの平均NOI利回りは4.8%なので、それほど魅力的ではありません。ただ、日本格付研究所よる長期発行格付けはA+(安定的)なので、財務基盤は良さそうです。

投資法人みらいのIPO評価

投資法人みらいは、REIT(リート)IPOとはいえ、想定価格ベースで吸収金額606億円という規模の大きさが気になります。12月後半は、超話題のZMP(7316)IPOが控えており、その他にも数多くの銘柄が新規上場するので、資金分散の影響を受けそうです。

ただし、最近のREIT(リート)IPOは、スポンサーのブランド力が重要視されているので、三井物産グループという点はプラス要素だと思います。

よって、投資法人みらいのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。投資法人みらいは、REIT(リート)IPOなので予想が難しいですが、公開価格を割れる可能性もありそうなので、あえて参加する必要はないと思います。


にほんブログ村

投資法人みらいIPOのその他情報はこちら

投資法人みらいIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

投資法人みらいIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送る予定です。12月後半は、ZMP(7316)IPOをはじめ、数多くのIPO銘柄が新規上場するので、そちらに集中したいと考えています。

ちなみに、投資法人みらいIPOにネットから申し込めるのは、SMBC日興証券カブドットコム証券の2社だけです。

投資法人みらいIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) ネット申込み不可
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 ネット申込み不可
SMBC日興証券 BB不参加
みずほ証券 ネット申込み不可
カブドットコム証券 BB不参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社