みらいワークス(6563)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の12月1日から始まります。みらいワークスは、IPOラッシュ終盤での上場ですが、幸いにも単独上場できる予定です。

また、みらいワークスIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントの当選ラインや当選配分数について、にほんブログ村にも色々な意見がアップされ始めていますね。

みらいワークス

みらいワークス(東証マザーズIPO)IPOの基本情報

銘柄名みらいワークス
コード6563
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
松井証券
マネックス証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
SMBCフレンド証券
岡三証券
極東証券
東洋証券
岡三オンライン証券
上場日12月19日
仮条件決定日11月29日(1,700円~1,840円に決定)
ブックビルディング期間12月1日から12月7日まで
公開価格決定日12月8日(1,840円に決定)
申込期間12月12日から12月15日まで
公募170,000株
売出し44,000株
OA25,600株
吸収金額3.8億円
想定価格1,590円
初値価格6,080円

みらいワークスIPOの事業内容

みらいワークスは、「日本のみらいのために挑戦する人を増やす」という経営理念のもと、プロフェッショナル人材に特化したビジネスマッチングサービスを展開しています。

みらいワークスは、フリーランスのコンサルタント向けのビジネスマッチングサービス「Freeconsultant.jp」をはじめ、フィンテックコンサルタントのプラットフォーム「FintechConsultant.jp」や、コンサルタントの転職支援サービス「ConsulNext.jp」を運営しています。

ちなみに、「Freeconsultant.jp」の登録者数は平成29年8月末現在で5,700名を超え、案件を獲得している会社も665社を超えており、着実に実績を積み上げています。

みらいワークスIPOの業績

みらいワークスの業績

(※画像クリックで拡大)

みらいワークスIPOの利益は堅調に推移していて、利益も急激に伸びていますね。ちなみに、2018年9月期の業績も増収増益の見込みになっています。

みらいワークスのIPO評価

みらいワークスは、マザーズ市場への単独上場で、規模(吸収金額3.8億円)も小さいため、間違いなく人気化すると思います。

また、みらいワークスIPOの主幹事はSBI証券なので、ネット投資家の注目度も高く、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が見当たらない点もプラス材料です。

よって、みらいワークスのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。みらいワークスは、IPOラッシュによる買い疲れが懸念されますが、それでも初日値付かずの可能性が濃厚だと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

みらいワークスIPOのその他情報はこちら

みらいワークスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

みらいワークスIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。みらいワークスIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントの利用を検討しています。

ただ、ポイント当選のボーダーラインはかなりアップしているため、私の保有ポイントでは足りないかもしれません。

その他では、IPOで穴場的な松井証券、100%完全抽選のマネックス証券、IPOの取扱いが急増中の岡三オンライン証券などにも、微かな期待を託したいと思います。

みらいワークスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
松井証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
SMBCフレンド証券 ネット口座での取扱いなし
岡三証券 BB参加
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ