マネーフォワード(3994)IPOは、同時上場する3社の中でも知名度抜群で、注目度もかなり高そうです。

しかし、マネーフォワードIPOは業績が赤字なので、にほんブログ村でも色々な意見が飛び交っていますね。

ただ、マネーフォワードIPOは規模が大きめなので当選への期待度も高く、個人的には赤字に目をつぶってでも攻めてみたい銘柄です。

マネーフォワード

マネーフォワードIPOの関連記事

マネーフォワードIPOのBBスタンスとIPO評価!話題性は十分!

マネーフォワードIPOの新規上場を承認!話題性抜群のIPO!

マネーフォワードが早ければ9月にもIPO新規上場か!?

マネーフォワードIPOの仮条件

1,350円~1,550円

マネーフォワードIPOの仮条件は、想定仮条件の平均価格1,330円を上回るレンジで設定されています。

マネーフォワードIPOは、赤字という点が懸念されていました。しかし、仮条件が上振れたということは、機関投資家等の評価も上々だったようですね。

ちなみに、マネーフォワードIPOの公開価格が仮条件の上限(1,550円)で決まった場合、吸収金額は39億円から45.4億円にアップします。


マネーフォワードIPO主幹事のSMBC日興証券

マネーフォワードIPOの初値予想

1,850円⇒2,320円 (公開価格比:+770円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,550円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,900円~2,200円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:2,500円~3,100円)

マネーフォワードIPOは、3社同時上場で規模(吸収金額39億円)が大きく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多い点が気になります。

また、業績が赤字なのも懸念材料ですが、自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」の知名度は高く、フィンテックというテーマ性もあるため、それでも初値は公開価格をある程度上回ると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

マネーフォワードIPOのその他初値予想はこちら

マネーフォワードIPOの幹事団

マネーフォワードIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
マネックス証券
幹事証券 SBI証券
みずほ証券
東海東京証券
静銀ディーエム証券
いちよし証券
松井証券

マネーフォワードIPOは比較的当選枚数が多めなので、主幹事のSMBC日興証券マネックス証券は、当選への期待度もかなり高いです。


マネーフォワード主幹事のマネックス証券

また、平幹事のSBI証券もチャンスがありそうなので申し込み必須ですね。さらに、委託幹事入りした松井証券も要チェックです。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ