森トラスト・ホテルリート投資法人(3478)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の1月23日から(26日まで)始まります。

森トラスト・ホテルリート投資法人は、今年最初のREIT(リート)IPOで、ブランド力もあります。ただ、REIT(リート)IPOは、昨年から印象が悪くなっているため、あまり積極的にはなれませんね。

森トラスト・ホテルリート投資法人

森トラスト・ホテルリート投資法人(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名森トラスト・ホテルリート投資法人
コード3478
主幹事証券野村証券
幹事証券みずほ証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
カブドットコム証券
上場日2月7日
仮条件決定日1月20日(133,000円~143,000円に決定)
ブックビルディング期間1月23日から1月26日まで
公開価格決定日1月27日(143,000円に決定)
申込期間1月30日から2月2日まで
公募0口
売出し301,000口
OA15,000口
吸収金額499億円
想定価格158,000円
初値価格145,000円


ネットからリートIPOにも申し込めるSMBC日興証券

森トラスト・ホテルリート投資法人IPOの事業内容

森トラスト・ホテルリート投資法人は、高い資産性を有するホテルの開発力及び卓越したホテル運営・マネジメント力の両面から支えられる森トラストグループの品質を「Trust Quality」と位置付け、それが産み出す「Trust Value」を共有するホテルアセットに重点投資しています。

森トラストグループは、森トラスト及び森トラスト・ホテルズ&リゾーツを中核に、60年以上にわたって、日本の都市部での大型複合開発や主要リゾート地でのホテル開発・運営を手掛けているので、ブランド力に問題は無さそうです。

森トラスト・ホテルリート投資法人IPOのポートフォリオ

森トラスト・ホテルリート投資法人のポートフォリオ

(※画像クリックで拡大)

森トラスト・ホテルリート投資法人IPOの平均鑑定NOI利回りは、4.3%とまずまずの数値になっています。また、投資物件が都心の一等地に立地しているのはプラス要素ですね。

森トラスト・ホテルリート投資法人のIPO評価

森トラスト・ホテルリート投資法人は、ブランド力があって立地も良いので、個人的にはそれほど印象は悪くありません。また、REIT(リート)指数がやや回復しているのも好材料です。

しかし、REIT(リート)IPOは昨年から低迷しており、格付けも付与されていないので、やはりやや厳しそうです。

よって、森トラスト・ホテルリート投資法人のIPO評価は、Cが妥当だと考えています。森トラスト・ホテルリート投資法人IPOは、公開価格付近で初値形成すると予想していますが、公開価格を割れる可能性もあるため、無理して参加する必要は無いと思います。


にほんブログ村

森トラスト・ホテルリート投資法人IPOのその他情報はこちら

森トラスト・ホテルリート投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

森トラスト・ホテルリート投資法人IPOのBB(ブックビルディング)は、一定期間の保有も視野に入れて、消極的に参加する予定です。

ちなみに、森トラスト・ホテルリート投資法人IPOにネットから申し込めるのは、みずほ証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、カブドットコム証券の4社です。

森トラスト・ホテルリート投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) ネット口座での取扱いは無し
みずほ証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
カブドットコム証券 BB不参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社