森六ホールディングス(4249)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の12月4日からスタートします。森六ホールディングスIPOは、オプトランIPOとの同時上場で、どちらも規模が大きいため、資金分散の影響を受けそうです。

また、前日に新規上場するみらいワークスIPOが初日値付かずになると、実質的な3社同時上場になるので、さらに厳しくなりそうです。

森六ホールディングス

森六ホールディングス(東証1部IPO)IPOの基本情報

銘柄名森六ホールディングス
コード4249
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
岡三証券
むさし証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
みずほ証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
上場日12月20日
仮条件決定日12月1日(2,610円~2,700円に決定)
ブックビルディング期間12月4日から12月8日まで
公開価格決定日12月11日(2,700円に決定)
申込期間12月12日から12月15日まで
公募1,228,000株
売出し2,172,000株
OA510,000株
吸収金額102.1億円
想定価格2,610円
初値価格2,975円

森六ホールディングスIPOの事業内容

森六ホールディングスは、同社と国内外の連結子会社28社及び持分法適用関連会社1社によって構成されており、化学製品全般の販売を行うケミカル事業ならびに自動車四輪部品や二輪部品の製造販売を行う樹脂加工製品事業を展開しています。

ケミカル事業では、森六ケミカルズ㈱を中核として、電機・電子材料、自動車材料、コーティング、ファインケミカル、生活材料及び樹脂加工製品分野において、化学品・合成樹脂製品の販売・製造ならびに輸出入を行っています。

樹脂加工製品事業では、、森六テクノロジー㈱を中核として、主に自動車四輪部品(内装樹脂部品、外装樹脂部品等)の製造・販売を行っています。

森六ホールディングスIPOの業績

森六ホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

森六ホールディングスIPOは、老舗企業だけあって安定していて問題なさそうです。

森六ホールディングスのIPO評価

森六ホールディングスは、IPOラッシュ終盤での新規上場で、規模(吸収金額102.1億円)も大きいため、資金分散や買い疲れの影響を受けると思います。

また、ケミカル事業と樹脂加工製品事業では堅実に業績を積み重ねているようですが、IPOでは人気になりにくい印象です。

よって、森六ホールディングスのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。森六ホールディングスIPOは、東証1部か2部かで状況が変わりますが、やはり規模の大きさがネックなので、公開価格付近で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

森六ホールディングスIPOのその他情報はこちら

森六ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

森六ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ただ、SBI証券だけは例のごとくIPOチャレンジポイント狙いで申し込みます。

森六ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
岡三証券 BB不参加
むさし証券 BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB不参加
カブドットコム証券 BB不参加
岡三オンライン証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ