MS&Consulting(6555)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(9月20日)から始まります。MS&Consultingは、大阪油化工業ウェルビーとの3社同時上場なので、資金分散の影響が懸念されます。

また、MS&Consultingは規模が大きくて売出株も多いため、同時上場する3社の中でも一番厳しそうな気配です。

MS&Consulting

MS&Consulting(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名MS&Consulting
コード6555
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)大和証券
野村證券
マネックス証券
SBI証券
いちよし証券
上場日10月5日
仮条件決定日9月19日(1,150円~1,280円に決定)
ブックビルディング期間9月20日から9月26日まで
公開価格決定日9月27日(1,280円に決定)
申込期間9月28日から10月3日まで
公募50,000株
売出し3,732,700株
OA567,300株
吸収金額55.7億円
想定価格1,280円
初値価格初値決定後に追記

MS&Consulting(6555)IPOの事業内容

MS&Consultingは、顧客満足度覆面調査「ミステリーショッピングリサーチ」を中心に、従業員満足度調査「サービスチーム力診断」及びコンサルティングや研修などの各種サービスを提供しています。

ミステリーショッピングリサーチとは、覆面調査員が一般利用者として実際に顧客企業の運営する店舗等を訪れ、商品やサービスを評価するというものです。

ミステリーショッピングは、以前から行われているマーケティングリサーチ手法の一つなので、アルバイトなどで覆面調査員を経験したことがある方もいらっしゃると思います。

ちなみに、私は某ショップで店長をしていた時に、覆面調査を受けたことがありますが、かなり細かいところまでチェックされていて感心した覚えがあります。ただ、覆面調査を受けるのは、あまり気持ち良いものではありません(笑)

MS&Consulting(6555)IPOの実績

MS&Consultingの業績

(※画像クリックで拡大)

MS&Consultingの業績は、可もなく不可もなくといった印象です。

MS&ConsultingのIPO評価

MS&Consultingは、公募株(50,000株)に対して売出株(3,732,700株)が非常に多いため、VC(ベンチャーキャピタル)の出口案件として警戒されそうです。

また、規模(吸収金額55.7億円)の大きさと3社同時上場という点も懸念材料です。

よって、MS&ConsultingのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。MS&Consulting(6555)IPOは、公開価格付近で初値形成すると予想していますが、公開価格を割れる可能性も無きにしも非ずだと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

MS&Consulting(6555)IPOのその他情報はこちら

MS&Consulting(6555)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

MS&Consulting(6555)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。

MS&Consulting(6555)IPOは、規模が大きいだけに当選枚数も多めですが、当選欲しさに手を出すのは禁物だと考えています。

ただし、毎度のことですがSBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込む予定です。

MS&Consulting(6555)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 BB不参加
野村證券 BB不参加
マネックス証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB不参加

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株 ブログランキングへ