MS-Japan(6539)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の11月29日から(12月5日まで)開始されます。

MS-Japan(6539)IPOは、キャリアインデックスIPOに続いて、連日の新規上場となりますが、単独上場なのが救いですね。

ただ、翌日にはシンシアIPO投資法人みらいが同時上場するので、多かれ少なかれ資金分散の影響を受けそうです。

MS-Japan

MS-Japan(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名MS-Japan
コード6539
主幹事証券野村証券
幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
SBI証券
みずほ証券
カブドットコム証券
上場日12月15日
仮条件決定日11月28日(1,960円~2,080円に決定)
ブックビルディング期間11月29日から12月5日まで
公開価格決定日12月6日(2,080円に決定)
申込期間12月7日から12月12日まで
公募795,000株
売出し795,000株
OA238,500株
吸収金額35.8億円
想定価格1,960円


ZMPのIPOでは主幹事を務めるSMBC日興証券

MS-Japan(6539)IPOの事業内容

MS-Japanは、弁護士、公認会計士、税理士等の資格を有する士業と、一般事業会社の管理部門職種(経理・財務・事務・総務・法務・経営企画等)を対象とした、人材紹介事業(有料職業紹介事業)を行っている企業です。

また、MS-Japanは人材紹介事業に付随する事業として、税理士や公認会計士向けの転職・業界動向案内ポータルサイト「KAIKEI FAN」、法務、弁護士、法律事務所などの求人・転職サイト「LEGAL NET」、会計事務所及び法律事務所の検索サイト「J-ing」などを運営しています。

MS-Japanは、各種士業と管理部門職種に特化することで、専門的なニーズを細部まで把握し、精度の高いマッチングを実現しています。

MS-Japan(6359)IPOの業績

MS-Japanの業績

(※画像クリックで拡大)

MS-Japan(6359)IPOの業績は、右肩上がりで伸びているので、今のところ順調ですね。

MS-JapanのIPO評価

MS-Japan(6539)IPOは、事業内容が目新しさに乏しく、規模(吸収金額35.8億円)の大きさも懸念材料です。

また、MS-Japan(6539)IPOは、公募株と売出株が同数(795,000株)というのも少々気になります。

よって、MS-JapanのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。MS-Japan(6539)IPOは、各種士業と管理部門職種に特化している点や業績の良さは評価出来ますが、規模の大きさとその後のIPOラッシュを考慮すると、公開価格付近で初値形成する可能性が高そうです。


にほんブログ村

MS-Japan(6539)IPOのその他情報はこちら

MS-Japan(6539)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

MS-Japan(6539)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中ですが、ポイント狙いでSBI証券には申し込みます。

ちなみに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事になっているため、予想通りカブドットコム証券が委託幹事入りしていますね。

MS-Japan(6539)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB検討中
カブドットコム証券 BB検討中


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社