ニーズウェル(3992)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(8月30日)からスタートします。

ニーズウェルIPOは、直近のウォンテッドリーIPOから約1週間空けての単独上場なので、日程には恵まれていますね。

また、ニーズウェルIPOは吸収金額が想定価格ベースで6.4億円と小さめなので、需給面も良好だと思います。

ニーズウェル

ニーズウェル(東証ジャスダックIPO)の基本情報

銘柄名ニーズウェル
コード3992
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
エース証券
SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
上場日9月20日
仮条件決定日8月28日(1,590円~1,670円に決定)
ブックビルディング期間8月30日から9月5日まで
公開価格決定日9月6日(1,670円に決定)
申込期間9月7日から9月12日まで
公募200,000株
売出し150,000株
OA52,500株
吸収金額6.4億円
想定価格1,590円
初値価格3,850円

ニーズウェルIPOの事業内容

ニーズウェルは、独立系の情報サービス企業として、「広く経済社会に貢献し続ける」を経営理念に掲げ、「業務系システム開発」「基礎構築」「組込系開発」を中心に、コンピュータや周辺機器及びソフトウェア等の販売も行っています。

業務系システム開発では、金融、通信、流通、サービス等の幅広い分野で、基幹業務に関わるシステム開発を行っています。

基盤構築では、ITシステムの基盤となるサーバ等ハードウェアの環境設計、構築、導入を実施するとともに、ネットワーク環境における通信機器の設定を行っています。

組込系開発は、IoTや自動車自律走行にみられるような技術革新の流れの中で、急速に需要が拡大している分野であり、需要映像機器、医療機器、車載機器等に組込まれるアプリケーションの開発を行っています。

ニーズウェルIPOの業績

ニーズウェルの業績

(※画像クリックで拡大)

ニーズウェルIPOの業績は、右肩上がりで順調に推移しています。ちなみに、2017年9月期の業績も増収増益の見通しになっているようです。

ニーズウェルのIPO評価

ニーズウェルは、9月に新規上場するIPOの中で、ウォンテッドリーに次いで規模(吸収金額6.4億円)が小さく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、需給面で人気を集めると思います。

また、システム開発という事業内容は新鮮味に欠けますが、IoTフィンテック自動運転といったテーマと係わっている部分もあるので、その点でも注目されるかもしれません。

よって、ニーズウェルのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ニーズウェルIPOは、公開価格の2倍を超える初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ニーズウェルIPOのその他情報はこちら

ニーズウェルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ニーズウェルIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨む予定です。主幹事のみずほ証券はもとより、IPO幹事常連組のSMBC日興証券SBI証券マネックス証券など、全包囲網で当選を目指したいと思います。

また、カブドットコム証券も委託幹事入りしているので、忘れずに申し込みたいと思います。

ニーズウェルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
エース証券 口座なし
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社